search/サーチ
search/サーチ

娘が行方不明…心配した父は娘のPCに侵入しSNSを探り出す‥そこで見た真実とは‥?

本日ご紹介する映画は
search/サーチ

search/サーチ

search/サーチ

 

「search/サーチ」(原題:Searching)は、サンダンス映画祭で話題を呼び、観客賞の“NEXT部門“を受賞した作品、忽然と姿を消した16歳の娘の行方を追って彼女のパソコンにログインした父親が、予想もしない失踪事件の真相に辿り着くさまを描いたサスペンススリラー

物語がすべてパソコンの画面上で展開していくという新たな映像手法と、どんでん返しありの練られたストーリーで満足度は高い映画となっています。

 

監督は、本作がデビューでありながらその才能を発揮したアニーシュ・チャガンティ!Google Glass だけで撮影した短編で有名になった人物であります。

主演は、『スター・トレック』シリーズなどのジョン・チョー。

あらすじ

デビッド・キムは在りし日の家族の姿を収めたホームビデオをパソコンの画面上で鑑賞していた。妻のパメラが癌で亡くなってからというもの、デビッドと娘のマーゴットとの関係は疎遠になる一方であった。ある日、マーゴットは勉強会に参加するために外泊すると言ってきた。翌朝、デビッドは自分の就寝中にマーゴットが3回も電話をかけてきていたことに気がつく。 マーゴットが帰宅した形跡はなかったが、デビッドは娘がいつも通り登校してピアノのレッスンに行ったものと思いこんでしまった。ところが、ピアノ教室に連絡を入れると、マーゴットは半年前に勝手に退会しているという。不安に思ったデビッドは弟のピーターに相談するが、「マーゴットくらいの年頃なら親に告げずにフラっと遠出してもおかしくない」と言われる。

娘の交友関係を知らなかったデビッドは、妻の遺したアドレスをもとにマーゴットの幼なじみの家に連絡を入れ、彼らがキャンプの企画を立てていたことを知った。一旦は安堵するデビッドだったが、翌日、マーゴットは待ち合わせ場所に来なかったと知らされる。ここに至って、デビッドは娘の失踪を警察に届け出た。

警察が捜査している間に、デビッドはマーゴットのメールアカウントにログインすることに成功した。デビッドは娘のFacebook友達から情報を得ようとするが、その中にマーゴットと本当に親しい友人は一人もいなかった。また、デビッドがピアノ教室の月謝として渡していたお金は、マーゴットの銀行口座に貯蓄され、失踪直前にVenmoを通じて謎のアカウントに送金されていた。娘のことを何一つ把握できていなかった事実を突きつけられデビッドは消沈する。捜査を担当するヴィック刑事は、自身の体験を話してデビッドを慰める。

その後、デビッドはマーゴットのYouCastアカウントを突きとめ、娘が謎のユーザーと頻繁に会話しているのを発見した。「fish_n_chips(フィッシュ&チップス)」と名乗るそのユーザーは、自身の母親が闘病中であると語っており、それがマーゴットの関心を引いたようであった。しかしヴィック刑事は、調査の結果そのユーザーは無関係だったと言う。YouCastの映像とマーゴットのInstagramの投稿を照らし合わせたデビッドは、彼女がしばしばバルボッサ湖を訪れていることに気がついた。湖はマーゴットの車が最後に目撃された高速道路の先にあった。湖に急行したデビッドは、マーゴットのキーホルダーを発見する。

ただちに警察がバルボッサ湖に派遣されたが、マーゴットの姿はどこにもなく、彼女の車と2500ドルが発見されただけだった。事件は大々的なニュースになり、捜索隊が連日湖の周辺を捜索するが、手がかりはつかめない。デビッドは、マーゴットの居場所を知るとSNS上で吹聴していた若者を直接問い詰めに行ったことが原因で捜査から締め出されてしまうが、自力で娘の捜索を続けることにした。しばらくして、デビッドは事件現場の写真にピーターのジャケットが映りこんでいることに気がついた。マーゴットとピーターの不審な会話の履歴を発見したデビッドは、弟が事件に関与していると考え、すぐさま彼の家を訪ねる。しかしピーターは、マーゴットとマリファナを吸っていただけで事件とは無関係だった。ピーターは、マーゴットが母を思い出すピアノをやめたがっていたこと、父親は母の話を避けるばかりで自分と向き合ってくれないとこぼしていたことを明かす。

2人の言い争いの最中、ヴィック刑事から何度も連絡が入っていた。ようやく応答したデビッドのもとに、衝撃の一報がもたらされる。 事件の真犯人が自白したのだという。

search/サーチ – Wikipedia

ストーリーの全てがパソコンの画面上で展開 実話じゃないよ!

search/サーチ

search/サーチ

 

本作はストーリーの全てがパソコンの画面上で展開されるという珍しい作品です。

いごっそう612
娘の行方を探そうとした父親が娘のPCにログインし、SNSを探って行くうちに真実にたどり着くストーリー‥その全てはPCの画面の中だけで語られます。

 

ただ、この手法!これが初めてという訳では無く、アニーシュ・チャガンティ監督が製作を担当した「アンフレンデッド」というホラー映画でもこの手法は使われています。

 

ただ‥「アンフレンデッド」より「search/サーチ」の方が圧倒的に質が高いですね、

「search/サーチ」は全てにおいて上手くまとまっています。こういう系の映画の中ではピカイチ!

 

一人娘のマーゴットを男手一つで養うデビッド(ジョン・チョウ)‥娘を愛しているのが良く分かる序盤のシーンの後、マーゴットは父とのFaceTimeで勉強会に行くと伝えたきり連絡が取れなくなってしまう…。

デビッドは、居ても立っても居られない状態になり…何と!娘のPCにログインし、娘のツイッターやFacebook、InstagramなどあらゆるSNSサイトを盗み見、娘の交友関係を洗い出して行方を追う!

いごっそう612
娘に嫌われる父親ランキング第1位じゃねーか!!

 

娘のSNSを盗み見るという御法度を犯しながらも、娘を捜索するのだが‥やがて事態は失踪事件へと発展、警察に捜索願を出すことになってしまうのです。

search/サーチ

search/サーチ

 

映画「search/サーチ」は、こうした事件の経過を、PC画面のスカイプ通話やショートメッセージ、Google検索やYouTubeなどを用いて追っていく。

もちろんPC画面ばかりの展開にも無理はあり、多少のツッコミどころはある、しかし父親の知らなかった娘の姿や、現代の若者にあり得そうなやり取りや行動、観てるこっち側も、あ~それ‥あるあるってなっちゃって思わず共感し全く飽きない。

そして、最後にどんでん返しがあり、物語は思いもよらぬ結末へと向かっていくのだが、その結末もネット文化に由来する現代風の結末。

いごっそう612
ああ、なるほどなあ~良くできている。

 

と思うと同時に、さらにラストにもう一度どんでん返しを持って来て、こちらの心をしっかり鷲掴み!

終わってみれば、満足度が高く良くできたスリラー映画だったという事で、アニーシュ・チャガンティ監督の才能を感じさせる作品でした。

いごっそう612
この映画はオススメですよ!

 

アニーシュ・チャガンティ監督は、これからもこのストーリーの全てがパソコンの画面上で展開という手法で攻めるのだろうか?期待したい!

 

ちなみに「search/サーチ」は実話という噂もあるみたいですが、この作品はフィックション映画です。

実話ではありませんよ。

search/サーチの海外の評判

「search/サーチ」の海外の評判はどうなのでしょう?

海外映画サイトIMDbを調べてみました。

Searching (2018) - IMDb

Searching (2018) – IMDb

 

10点満点中、7.7点。

まあまあ、という感じですね。僕的にはもっと評価高くても良いと思ったんですけどね。

予告編

いごっそう612
けっこうオススメの映画と思います。お暇があればぜひ!

 

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう