累 かさね
累 かさね

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

女優の才能はあるが顔がイマイチ、女優の才能は無いが顔は良い‥もしお互いの欠点を補えるとしたら‥?

本日ご紹介する映画は
累-かさね-

累 かさね

累 かさね

 

映画「累-かさね-」は、キスをすると顔が入れ替わる不思議な口紅に導かれた2人の少女を主人公に、美醜をめぐる人間の業を描いた松浦だるまの同名コミックを、実写映画化した作品。

土屋太鳳と芳根京子の二人がダブル主演を果たし、『ストロベリーナイト』シリーズなどの佐藤祐市が監督を務め、『GANTZ:O』などの黒岩勉が脚本を担当しています。

あらすじ

今は亡き伝説の女優・淵透世の娘・淵累は、亡き母とは似ても似つかない醜い容姿が原因で周囲の人間から心無い仕打ちを受け続けてきた。そんな累はある時、母が遺した一本の口紅に「口づけをした相手と顔を入れ替える力」があることを知る。その力を使って舞台に立った累は、母譲りの演技力を発揮して芝居の楽しさや美貌から得る喜びを覚えると同時に、母も他人の顔を奪って生きていたのだと直感する。

やがて母の協力者・羽生田釿互と出会った累は、彼の協力の元、無名の美人女優・丹沢ニナの顔を奪って女優として活躍していく。しかしそこに「本物の淵透世」の娘・野菊が現れる。野菊は母からすべてを奪い死に追いやった誘(累の母の本名)を恨み、彼女の娘である累への復讐を考えていた。野菊は自身の素性を隠して累に近づき、累が女優・咲朱として活動するための協力者として振る舞うが、羽生田によって素性と思惑を看破されてしまう。

復讐計画に失敗した野菊は、自身の情夫・天ヶ崎祐賭と、累の高校時代の先輩でもある女優・五十嵐幾の協力を受けて累の元から逃亡。一方、野菊を失い咲朱として活動できなくなった累は、自身のルーツである母の足跡を辿り、一つの決意を固める。それぞれの想いを胸に再び対峙した累と野菊は、「次の舞台を最後にする」という累の約束の元、咲朱を復帰させる。

こうして母と母の出生の地である「朱磐」の伝承をモチーフにした舞台・『暁の姫』に美しい巫女の役として臨むことになった累だったが、稽古を続けるなかで幾が演じる醜い鬼女に自らの姿を重ねてしまい、演技が出来なくなる。その結果『暁の姫』は公演中止となるが、累の意志と誘の遺志を受け入れた羽生田によって『宵暁の姫』として再始動。累は「累」そのままの姿で鬼女役として舞台に立ち、「累」として舞台を演じきる。

累 – Wikipedia

土屋太鳳の演技が異常に気になる映画

醜い顔でありながら卓越した演技力をもつヒロインが、口づけをした相手と顔と声を入れ替えることができる口紅の力を使い、他人の顔を奪いながら舞台女優として活躍していく姿を描いた作品。

ヒロインの丹沢ニナと淵累の二人を演じるのは、土屋太鳳芳根京子の二人…。

累 かさね

累 かさね

 

美人で演技が下手な丹沢ニナを土屋太鳳、醜い顔で演技が上手い淵累を芳根京子が演じているのですが‥。

これってちょっと微妙じゃありません?

 

土屋太鳳と芳根京子を比べたら…どっちが美人かと言うと‥芳根京子さんの方じゃないですか?

土屋太鳳さんってあんまり美人とは思わないんですよね💦

いごっそう612
単なる好みの問題でしょうけどね…そう思うのは俺だけかも?

 

これやっぱりミスキャストっスよね。

淵累役はもっと不美人を使うべきだった気がします。

むしろ芳根京子さんの方が、丹沢ニナ役の方が良かった気がするなあ~。

 

しかし、ミスキャストとしても面白く無いわけでは無いです。

女同士の戦いと、キスしたら顔が入れ替わるというファンタジー要素もあり、けっこう面白く観て行けますよ。

累 かさね

累 かさね

 

でも観てて気になるのは~。土屋太鳳さんの演技

なんなんでしょうね~上手いのか?下手なのか?よく分からない感じでした。

ただ、頑張っている感は凄い伝わってきました!だからめっちゃ気になった!

観てて思ったのは、土屋太鳳さんは悪役が案外あっているのかも知れない…。

主役では無く、脇役悪役で経験を積んで演技を磨いたら面白そうですね。

いごっそう612
そんな感じで、なんやかんやで飽きずに最後まで観ることができました。

 

予告編

いごっそう612
5段階で点数をつけるとしたら…

(3.5)ですね。まあまあ面白かったです。

 

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう