「未来戦記」Netflixオリジナル映画、海外の評価とレビュー!
未来戦記

Netflixで配信開始

未来戦記

未来戦記
未来戦記

 

未来戦記
原題:明日戦記
英題:Warriors of Future は
2022年の香港映画

2055年、汚染と温暖化で荒廃した不毛の地球にエイリアン群「パンドラ」をもたらした隕石が墜落。植物型生命体が破壊を繰り返すなか、絶滅の危機にさらされた町を救うため、特攻隊に与えられたわずかな数時間でのバトル...という香港のSFアクション映画です。

 

 

Netflixオリジナル映画として
2022年12月2日から配信

 

監督は
ン・ユェンファイ

キャスト

ルイス・クー
ラウ・チンワン
カリーナ・ラウ
フィリップ・キョン
ツェ・クワンホー
ウー・チェン
ワン・グオポン
ニック・チョン

等が出演しています。

いごっそう612

ド派手な香港映画をNetflixで楽しんでみませんか?

海外の評価とレビュー!

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflix映画
「未来戦記」の
海外の評価を
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

Warriors of Future (2022) - IMDb
Warriors of Future (2022) - IMDb

 

海外映画サイト
554人の投票があり

平均点が
10点満点で
6.4点という
微妙な評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
7点です。

投票数126人で
全体の22.7%が
10点満点の評価をしています。

次いで多いのが
6点です。
投票数111人で
全体の20.0%

3番目は
10点満点です。
投票数87人で
全体の15.7%

いごっそう612

全体的に観て、そこそこ評価されているように感じます。

海外のレビューも紹介します。

ルイス・クーや皆さんの素晴らしい仕事ぶりにとても驚かされました。このような映画を作るのは簡単なことではありません。皆の仕事に拍手です。カリーナ・ラウの演技が大好きです。一流です。必見です。

 

本作は、近未来、人類がパンドラという異星生物と戦わなければならない時代を描いている。

ストーリーは終始緊張感があり、ダウンタイムがほとんどない。ストーリーはかなり良いし、視覚効果も納得のいくものだ。主役のルイス・クーとカリーナ・ラウがいい。ただ、少女が同じセリフを何度も繰り返すので、ちょっと作為的でイライラします。なぜ彼女を登場させたかは理解できるが、プロットの感情を動かすのにあまり効果的とは思えない。香港映画を3本続けて観たが、3本とも印象に残った。香港映画がこのような高水準に達しているのは喜ばしいことです。

 

これは、香港人と香港の会社によるSFへの非常に良い試みである。

IMAX版は、IMAXの偽物なので、あまりお勧めできません。

IMAXのカメラで撮ったとは思えない。

鎧はとても良くできています。

この映画で作られたものはすべて素晴らしいです。車、ロボット、電気ショック療法など。

冒頭のCGはひどい。

しかし、道中のシーンはとても素晴らしく、CGで作られているとは思えない。

ストーリーの緩さ 記憶の欠落 ラブ・ラインのような不要なプロットに多くの時間を割きすぎている。この2人の俳優の演技を知りたいのか、それとも新しい俳優なのか。

 

プロデューサー兼俳優のルイス・クーによる待望の夢のプロジェクト「未来の戦士」は、CGIスペクタクルの最初の試みを実現した香港のSFアクション映画である。香港映画にとって画期的な作品であり、大予算のCGIブロックバスター映画製作の領域に躍り出た作品です。

2055年、環境破壊と戦争で荒廃した地球で、隕石が未来の香港、現在はB-16地区と呼ばれる地区に落下した。瓦礫の中から巨大なエイリアンプラント「パンドラ」が急速に成長し、荒廃をもたらすと同時に、空気を浄化していた。科学者たちは、パンドラの成長を止め、空気を浄化し続けるために、パンドラの遺伝子構造を変化させるミサイルを考案した。B16空軍のタイラーとジョンソンは、その作戦を遂行するために派遣される。

映画としての『ウォーリアーズ・オブ・フューチャー』は、4億5千万ドルの弓で包まれた、掴んだり逃したりした勝利の機会である。

CGによるアクションシーンは、ハリウッドの水準には及ばないものの、初めての試みとしては印象的である。初監督のン・ユエンファイ(Ng Yuen Fai)は、以前は特殊効果アーティストとして働いていたが、クイックカットスタイルを使い、瞬きするほどスリリングな演出をしている。写実的ではないものの、視覚的にすべてがうまく調和しており、一貫したアニメのルックを持っている。

しかし残念ながら、『Warriors of Future』はオリジナリティの欠如が激しく、アクションを中心に書かれた脚本では、プロットや人物描写が薄っぺらくなってしまっているのが難点だ。脚本の欠陥の大半は、サスペンスを演出するためにショットをカットしたり、特定の情報を遅らせたりすることで、簡単に修正できたはずだ。脚本家としてあるまじき行為である。

全体的な結果は、陰と陽。観客は「CGはまともだ」と頭をかくことでしょう。CGはそこそこでいいから、なぜこのストーリーをもっとうまく脚本化できなかったのか?脚本はもっと簡単なんじゃないのか?

全ては過去に見たことのあるものからの引用です。アバター」「アイアンマン」「第9地区」「GIジョー/ライズ・オブ・コブラ」「バットマン アーカム・ゲーム」など、「未来の戦士」がアイデアを得ているSF映画は20本に上った。飲み会でも盛り上がりそうだ。

演技の面では、ショーン・ラウとフィリップ・キョンがMVPに選ばれ、何もないCG環境に甘い生命を吹き込み、ルイス・クーがカメラの前でこの映画を支えるのを助けている。この3人のバディがうまく機能しています。

ニック・チャンは、土曜の朝のアニメからそのまま出てきたような、堅物で目つきの悪い「おならを嗅ぐ」演技をしています。カリーナ・ラウとツェ・クァン・ホーは、前者は説明役、後者は寡黙な役で、どちらもあまり使われていない。

とはいえ、『Warriors of Future』は楽しい作品だった。確かに、私は香港出身なので偏見を持っている。

香港の映画界を活性化させたいというルイス・クーの夢は、崇高であり、ある人はロマンチックな考えだと言うかもしれない。クー氏は、中国の小さな島である香港のエンターテインメント業界を盛り上げるために、私財を投げ打って、時には危険なビジネス上の決断も行ってきた。例えば、視覚効果はあえて香港の1社で行うことにした。通常は、効率化のために世界中の複数の会社で行う。

その思いは、人々の心に響いた。中国本土での興行成績が振るわなかったことが報道されて以来、香港の観客は積極的にこの映画を応援しに出かけている。私の映画館では平日の上映にもかかわらず、満席でした。

この『未来戦士』は、一回限りの劇場体験ではなく、今後のCGIを駆使した香港映画を予感させる作品に仕上がっていた。CGはともかく、メカスーツを着た香港人俳優がロボットと戦う姿は、それだけで圧巻だった。最後にクレジットが流れると、みんな直感的に席を立たず、マーベル映画のようなミッドクレジットシーンを待っていました。まさに共同体という感じでした。

このように、香港の観客は『ウォーリア オブ フューチャー』からより多くのものを得ることができるのです。正直なところ、私もルイス・クーのビジョンには感動したし、ここでジョークを飛ばしても、この作品に文句をつける気にはならない。その野心には敬意を表するし、おそらく先駆的な作品として記憶されることになるだろう。しかし、英語圏の観客は、その脚本と淡々と書かれた字幕に寛容ではないので、この映画は海外の観客に感動を与えるのに苦労するだろう。私の中の文法学者は、今でもタイトルに「the」を付けたいと切望している。

もし『Warriors of Future』の続編を作るのであれば、脚本とストーリーテリングにもっと力を入れる必要がある。現地の観客は、2度目はそれほど寛容ではないだろう。

手のひらを合わせて祈るようなポーズで、前向きな気持ちを送りながら、続編を心待ちにしている。

 

いごっそう612

そこそこ良いレビューが多かったように思います。

 

「未来戦記」のようなNetflixオリジナル映画は
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう