【隻眼の虎】虎殺し・・男なら誰もが夢見る猛獣との戦いを映画化!

殺戮だけが本能か・・

引退した伝説の猟師が、山に潜む大虎退治に否応なく巻き込まれる韓国製歴史ドラマ

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!元ボクサーの一念発起へようこそ!虎と戦いたい!
スポンサーリンク

作品情報

隻眼の虎

原題:THE TIGER
韓国:歴史ドラマ
製作年:2015年
製作国:韓国
日本公開:2016年10月1日
レンタル開始:2017年2月3日
上映時間:139分

あらすじ

1925年、チョン・マンドク(チェ・ミンシク)、は猟師として名をはせたものの、ある事件を契機にきっぱりと銃を捨て、切り立った智異山の奥で息子と2人暮らしをしていた。地元の猟師たちは軍の先導による害獣駆除に躍起になり、こぞって智異山の神としてあがめられる隻眼の大虎を狙っていたが……。

予告動画

感想とネタバレ

虎対人間!

人間VS虎

人間がかなうわけがない猛獣に挑み、勝つというのは男のロマンがあります。

管理人も元ボクサーでありますから、猛獣と戦いたいという欲求もありました。動物園で蝦夷ヒグマ観た瞬間・・

いごっそう612
怖え~マジで食われる・・

と思いそんな考えは捨てましたが・・・うん・・漫画の世界だわ(^^;

この映画はそんな男のロマンを追い求めた映画なのか?そんな思いもあり観賞に至った次第であります。

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

隻眼の大虎 VS 日本軍

隻眼の虎

ストーリーは至極簡単です。

時代は日本統治時代の朝鮮が舞台“山の神”呼ばれる隻眼の大虎を仕留めてその皮を自慢しようと日本軍偉い手が地元猟師や軍を使い虎を殺そうとするストーリー。

隻眼の虎

日本軍の偉い手は大杉連さんが演じています。

麻田くん
外国の映画で日本人を見ると嬉しいですね。

その虎殺しのストーリーに、朝鮮最高の猟師と言われながら、ある事件を境に銃を捨ててしまったチョン・マンドク(チェ・ミンシク)虎と対決するストーリーが混ぜ込まれています。

隻眼の虎

隻眼の大虎 VS 日本軍・・それに地元の漁師が巻き込まれる展開です。

リアルな虎の映像

隻眼の虎

舐めてました・・韓国映画侮りがたし・・

いごっそう612
虎がめっちゃリアルなんスよ!

まるで本物の虎の様な映像!これは凄い!そのリアルな虎が人間に襲い掛かる!

速い、強い、怖い!圧倒的な虎の強さに驚くこと間違いなしです!

いごっそう612
瞬殺される・・怖すぎる・・

日本韓国に負けてんじゃないの?って思えるリアルな虎でした!でもちょっと速すぎか?

ヒューマンドラマ

隻眼の虎

虎と人間の戦いのシーンは面白いです!ただ・・

麻田くん
想像以上にドラマが多いですね・・

とにかく虎との戦いが見たい!そう思うのだが・・少ないです。無駄にヒューマンドラマ要素が多い・・・

さらに虎にもヒューマン要素ぶっこんじゃったのはミステイク・・

猛獣はやっぱ猛獣!その猛獣との戦いという路線で行った方が良かったと思います。

いごっそう612
ヒューマンドラマ少な目で虎との死闘を観たかったです・・

この映画の評価、おすすめ度は?

悪くは無いんですけどね~自分が求めていた物とは違いました。よくよく考えたら韓国映画らしいなあとは思います。

韓国映画は『海にかかる霧』とかオススメですよ。

「海にかかる霧」 実話「テチャン号事件」を映画化
「海にかかる霧」 実話「テチャン号事件」を映画化
// あの日、海で起こった事は、誰にも話してはならない。2001年に韓国で実際に起こった「テチャン号事件」を題材にした舞台劇「海霧(ヘム)」...

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(3.0)
Yahoo!JAPAN映画:★★★★☆(3.84)
Filmarks:★★★☆☆(3.4)
2017年4月18日時点

映画.comは点数高いなあ~映画ファンにはけっこう評価が高いという事でしょう。

個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度
   (3.5)
です!

悪くはない映画だと思いますが、もうちょっと虎との戦いを観たかったです。絶対もっと面白くなる要素があったと思う。惜しい映画です。

まあ、でもこの映画を観れば・・

絶対・・虎とは戦おうとは思わない映画ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする!
【隻眼の虎】虎殺し・・男なら誰もが夢見る猛獣との戦いを映画化!
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

コメント

  1. 尾崎杏子 より:

    うを!おもしろそうです。韓国映画をナメてはいけませんよ(笑)しかもチェ・ミンシク!
    虎のリアルさって「レヴェナント 蘇りし者」のグリズリーくらいでしょうか?
    あれも相当迫力ありました(^o^)
    あっ、書き込みできるかも!

    • 尾崎杏子さんへ
      コメントありがとうございます。
      コメントできて良かったです。
      「レヴェナント 蘇りし者」のグリズリーまでは行きませんが、なかなか迫力ありました。
      熊も怖いけど、虎も怖いですね~。

  2. ともちん より:

    こんばんは( ̄▽ ̄)虎は神なんですね~かなり迫力ありそうですね!ミンシクさんのほうが怖いかも(笑)大杉漣さん渋いですね。

    • ともちんさんへ
      コメントありがとうございます。
      なかなか良かったですよ、ともちんさんとか好きそうですね。
      ミンシクは良い役でしたね。大杉漣はかなりダメな日本人役だったんでダメでしたね。

トップへ戻る