バード・ボックス(Netflixオリジナル映画)

Netflixオリジナル映画として「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロンが監督を務めた最新作「Roma / ローマ」が、12月14日より配信となりました。

映画好き、映画ブロガーなど世間では「Roma / ローマ」が話題となっていますが、僕がそれより注目したいのは…

バード・ボックスです!

バード・ボックス(Netflixオリジナル映画)

ジョシュ・マーマーマンの小説「Bird Box」を映画化したもので、謎の力の“それ”によって、人類が激減してから5年が経過した世界が舞台、子供を身ごもった主人公マロリーが、世界の終焉と人類滅亡の危機に直面しながらも、“それ”を見ないよう「目隠し」をした状態で安住の地を目指す逃避行を描いたSFサバイバルサスペンス

いごっそう612
これは面白そう!

 

脚本は「メッセージ」で第89回アカデミー賞のベスト脚本賞にもノミネートされたエリック・ハイセラー、監督は「未来を生きる君たちへ」でアカデミー外国語映画賞を受賞したデンマークの女性監督スサンネ・ビアです。

いごっそう612
エリック・ハイセラーの脚本は良い映画多いんだよなあ~。

ちなみに、エリック・ハイセラーは、実写版『君の名は。』の脚本を努めることが決定しています!

 

スサンネ・ビアの作品と言えば、「真夜中のゆりかご」という映画を観たことがあるのですが、めっちゃ重い家族ネタの映画だったんですけど、凄く良い映画で印象に残っています。

いごっそう612
この監督が作る「バード・ボックス」楽しみです!

 

そして、キャストも興味深いッス、主人公マロリーを演じるのは‥あのサンドラ・ブロック

共演者には、トレバンテ・ローズ、ジョン・マルコヴィッチ、サラ・ポールソンらが名を連ねています。

いごっそう612
これだけでも非常に興味深い映画なんですけど、予告編を観たらもっと観たくなります。

予告編では、目隠しをしたサンドラ・ブロックが子供を奪わないで!と叫ぶシーンから始まり、”何者”かの攻撃により人類の崩壊して様子、そして子供を守るために”何者”かに対してサバイバル逃避行を行っている姿が描かれています。

『自分の心の奥底の”恐怖”は”形”となって見えているんだ』と言うセリフと、『目隠しを絶対に取らないで』と言うセリフもあり、目を開け何かを見ることによって、恐ろしい事態になる事が想像でき、その恐怖の対象の正体が猛烈に気になります。

 

イメージ的に、音を立てたら即死『クワイエット・プレイス』の、目を開けたら終わりバージョンという感じ。

いごっそう612
これは期待できる!
※追記
『バード・ボックス』は、配信7日間で4,503万7,125人が鑑賞し、Netflix史上最高記録を樹立しました!


4500万人以上というのは凄いのですが、しかし‥その余波は思わぬ形で出ています。

「バード・ボックス」の中で、目隠をして行動するサンドラ・ブロックの姿を真似し、「目隠し」により様々なことにチャレンジする動画がSNSに多く投稿されはじめているのです。

人はそれを「バードボックス・チャレンジ」と称しています。

あまりにも危険なチャンレンジが後を絶たない為に、ついにはNetflixが公式ツイッターで、注意をうながす事態に発展しています。

かなりの話題の映画となりましたね。

「Roma / ローマ」も色々な賞を受賞して凄いけど、12月のNetflixオリジナル映画№1は間違いなく「バード・ボックス」です!

いごっそう612
Netflixオリジナル映画『バード・ボックス』は
2018年12月21日より全世界独占配信です。
こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう