愛なき森で叫べ Netflixオリジナル映画
愛なき森で叫べ Netflixオリジナル映画

園子温監督のNetflix作品愛なき森で叫べが2019年10月11日に配信開始となります。

愛なき森で叫べ Netflixオリジナル映画

愛なき森で叫べ Netflixオリジナル映画

いごっそう612
うおおお~めっちゃ楽しみだぜ~!

 

これめっちゃ楽しみでしょ!実際にあった凶悪な事件を鬼才・園子温監督が映画化した作品、しかもNetflix作品!ふんだんな予算を使った凶悪な映画が観られるに違いない!!

そして‥ついさっきスマホでチラッとNetflixのアプリを観たら‥

愛なき森で叫べ Netflixオリジナル映画

愛なき森で叫べ Netflixオリジナル映画

いごっそう612
こんなのがあったので、予告を観てみました。

 

その予告はこちら!

 

この予告を観て、皆さんどう思いましたか?

正直‥僕はヤバい匂いハズレ映画の匂いがすると思ってしまいました。

園子温監督作品はハズレも多い

園子温監督 愛なき森で叫べ

園子温監督 愛なき森で叫べ

参考園子温 – Wikipedia

 

園子温監督と言えば、「自殺サークル」「紀子の食卓」「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」「愛の渦」「ヒミズ」などの数々の名作と言われる問題作を創り出した鬼才!

いごっそう612
心の芯に響くような映画を創り出し、映画マニアに間では注目された存在!

 

僕も一時は彼の作品の虜になり、園子温監督作品とあらば探して観たものです。

しかし、数々の園子温監督作品を観て行くうちにある事に気が付きました…。

園子温監督作品はハズレがめっちゃ多い!!

いごっそう612
本当にハズレが多いです(笑)

 

園子温監督は、名作と言われる作品を作る一方で、何じゃこら💦という様なハズレ映画を作る監督でもあります。

そして僕は、予告編を観て…そのハズレの匂いを感じとってしまいました。

いごっそう612
ヤバい匂い…ハズレ映画の予感がする‥💦

 

これが単なる杞憂だったら良いのですが…💧

園子温➡凶悪な事件の実話を映画化 という流れはいつもなら名作と言われる問題作を作るルーチンです。

多分‥大丈夫、名作が観れるはずだと。不安と期待が交互に押し寄せてきます。

いごっそう612
大丈夫だと思いたい‥。

 

来たるべき‥2019年10月11日には名作を観ることができるのでしょうか?

いごっそう612
「愛なき森で叫べ」は2019年10月11日よりNetflixオリジナル作品として配信されます。
期待せずに待っておきましょう。

 

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう