ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~
ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~

アップル独自のVOD
Apple TV+
が、2019年11月2日に日本でも始まることが発表されています。

AppleTV+

AppleTV+

価格は何と‥月額600円!

これは安い…税込でもしかも660円!ファミリー共有に対応しており、家族6人まで追加料金なしで利用できるという超お得感満載のVODサービスです。

いごっそう612
超低価格で家族向け‥これは絶対流行る!

しかも「Apple TV+」では、全てがオリジナル作品となるという。

 

もちろんふたを開けてみなければ分からないのですが、Appleが行うVODサービスが低品質の物であるわけが無い!

いごっそう612
もう絶対最高のもので揃えてくるだろうな~。

数は少ないと思われますが、品質は高い物で揃えられるに違いないです。

参考AppleTV+

いごっそう612
初期ラインナップの中で、僕が注目している作品を紹介します。

AppleTV+実話ドラマ「ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~」に注目!

ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~

ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~

 

AppleTV+には注目すべきドラマシリーズが満載、映画よりドラマで勝負して行くのかも知れません。その中でも、僕がAppleTV+で注目している作品は、ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~です。

ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~

ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~

 

「ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~」は、AppleTV+オリジナル作品で2019年11月2日より配信開始となるドラマ作品。

全10話、1話30分のブラック・コメディシリーズで、19世紀に実在した女性詩人エミリー・ディキンソンの視点から、社会、ジェンダー、家族の制約をぶち壊す戦いをダンスを織り交ぜ、独創的に描いたドラマシリーズとなっています。

参考エミリー・ディキンソン – Wikipedia

 

主演と総合プロデューサーは、ヘイリー・スタインフェルド

ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~

ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~

参考ヘイリー・スタインフェルド – Wikipedia

 

脚本・製作総指揮・総合プロデューサーはアレナ‧スミス。

共演にトビー・ハス、ジェーン・クラコウスキー、ガス・バーニー、エイドリアン・ブレイク・エンスコー等。

ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~ キャスト

ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~ キャスト

 

何と言っても、実在する人物、実話をドラマ化したというのが面白いですよね。

エミリー・ディキンソンは、19世紀世界文学史上の天才詩人とも言われており、その彼女の詩をドラマ内でどういった描き方をするのか注目です。

いごっそう612
実在する詩人を題材にした作品…これは観たい!

予告編

いごっそう612
「ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~」はApple TV+でのみ観ることができます。
こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう