「リチャード・ジュエル」聖人か?悪人か?クリント・イーストウッドが描く実話映画が素晴らしい~!
リチャード・ジュエル

爆弾を発見し、人々の命を救ったのに…
自分が容疑者に!?

はい、本日ご紹介するのは
そんな実話を描いた映画
リチャード・ジュエル

リチャード・ジュエル

リチャード・ジュエル

 

「リチャード・ジュエル」は、1996年に起きた米アトランタ爆破事件が題材となった実話ドラマ

英雄的行動により人々の命を救ったにもかかわらず、容疑者にされてしまったリチャード・ジュエルと、彼を救うために立ちあがった弁護士ワトソン・ブライアントによる実話を描き出した作品です。

 

あらすじ
リチャード・ジュエル

リチャード・ジュエル

96年、五輪開催中のアトランタで、警備員のリチャード・ジュエルが、公園で不審なバッグを発見する。その中身は、無数の釘が仕込まれたパイプ爆弾だった。多くの人々の命を救い一時は英雄視されるジュエルだったが、その裏でFBIはジュエルを第一容疑者として捜査を開始。それを現地の新聞社とテレビ局が実名報道したことで、ジュエルを取り巻く状況は一転。FBIは徹底的な捜査を行い、メディアによる連日の加熱報道で、ジュエルの人格は全国民の前で貶められていく。そんな状況に異を唱えるべく、ジュエルと旧知の弁護士ブライアントが立ち上がる。ジュエルの母ボビも息子の無実を訴え続けるが……。

 

監督は
巨匠
クリント・イーストウッド

 

クリント・イーストウッドは実話映画得意ですよね。

 

 

キャストは

 

主人公リチャード・ジュエル
ポール・ウォルター・ハウザー

 

弁護士ワトソン・ブライアントに
サム・ロックウェル

 

母親・ボビ・ジュエル役に
キャシー・ベイツ

 

FBI捜査官トム・ショウ役に
ジョン・ハム

 

記者キャシー・スクラッグス役に
オリビア・ワイルド

オリビア・ワイルド

オリビア・ワイルド

 

ナディア・ライト役に
ニナ・アリアンダ

ダン・ベネット役に
イアン・ゴメス

等が出演しています。

 

ちなみに母親・ボビ・ジュエル役を演じたキャシー・ベイツは、第92回 アカデミー賞(2020年)助演女優賞、第77回 ゴールデングローブ賞(2020年)
最優秀助演女優賞にノミネートされました。

 

いごっそう612
巨匠クリント・イーストウッドが描いた実話ドラマ、非常に見ごたえある作品でした。

リチャード・ジュエルを無料で観る

リチャード・ジュエルの実話

この映画で描かれているリチャード・ジュエルは実際に存在した人物です。

リチャード・ジュエル

リチャード・ジュエル本人

いごっそう612
ポール・ウォルター・ハウザーけっこう似てるなあ~。

 

そして、この映画で描かれている物語も脚色はされていますが、実際にあった事件であります。

 

1996年アトランタオリンピックが開催されているあいだ、彼は警備員の職に就いていました。1996年7月27日、センテニアル・オリンピック公園のベンチの下に不審なバックパックが置かれていることを発見した彼は、ジョージア州捜査局の捜査員に知らせて、周囲にいる人々を避難させました。その数分後、バックパックに仕込まれていたパイプ爆弾が爆発。これにより2人が死亡、100人以上が負傷しました。

彼は、人々を救った英雄としてマスメディアに取り上げられました。

しかし数日後、連邦捜査局がジュエルを事件の有力な容疑者として捜査を進めていることが報道されます。

それまで国の英雄として扱われていたジュエルは、捜査局とマスメディアの両方に容疑者として付きまとわれる日々を過ごすことになるのです。

同年10月、彼を捜査の対象から外すことが正式に発表されたことにより、リチャードの容疑は晴れます。

映画では、そのリチャード・ジュエルの実話が描かれています。

 

映画のラストでも描かれていますが、事件後、ジュエルはジョージア州メリウェザー郡で郡保安官補を務めるなど、法執行官の職を転々としました。

2007年8月29日、ジョージア州ウッドベリーの自宅で死去(44歳没)。

心臓に疾患があったようです。

参考リチャード・ジュエル‐Wikipedia

 

そして、もう一つ書いておきたいのですが、

 

 

オリビア・ワイルドが演じた記者
キャシー・スクラッグスについてです。

映画では、FBI捜査官のトム・ショウと寝て情報を得るなど、ゲスっぷりが描かれていましたが、これは空想の様です。

アトランタ・ジャーナル・コンスティテューションの編集長は、この描写された事件は「完全に虚偽で悪意のある」ものであると公開書簡で書いていますし、その従業員は「劇的な目的と芸術的許容のために想像されたいくつかの出来事」と言っています。

いごっそう612
映画ではありがちな展開ですが、女性軽視とも言えますよね。

 

ちゃんとした記者だったのでしょうが、彼女の報道でリチャード・ジュエルが酷い目にあったのは事実です。

キャシー・スクラッグス

キャシー・スクラッグス本人

キャシー・スクラッグス記者は、2001年にドラッグの過剰摂取で自殺、リチャード・ジュエル事件での批判が原因で精神を病んでしまったのが原因だと言われています。

真犯人エリック・ルドルフ

オリンピック公園爆破事件の犯人は捕まっています。

真犯人は
エリック・ルドルフ

エリック・ルドルフ

エリック・ルドルフ

 

ルドルフは、2003年に逮捕されるまで、5年間、FBIの10大指名手配逃亡者の1人としてリストされていました。

2005年、司法取引の一環として、彼は多数の州および連邦の殺人容疑で有罪を認め、裁判と死刑判決を回避する見返りに4回の連続した死刑判決を受け入れました。彼はコロラド州フローレンス近くのADXフローレンススーパーマックス刑務所に投獄されたままとなっています。

参考Eric Rudolph - Wikipedia

 

映画リチャード・ジュエルの海外の評価

映画「リチャード・ジュエル」の
海外の評価は
どうなっているのでしょう?

海外映画サイトIMDbを調べてみました。

Richard Jewell (2019) - IMDb

Richard Jewell (2019) - IMDb

 

海外映画サイトIMDbでは

10点満点中
7.5という
まあまあ良い評価になっています。

いごっそう612
もっと点数高くても良い気がするけど‥

 

海外
70487人のユーザーの中で
8点
を付けたユーザーが24765人で
全体の35.1%を占め
一番多いです。

次は7点
23636人の
33.5%

3番目は9点で
7696人の
10.9%

68.6%という多数の人が
8.7点という評価
になっています。

いごっそう612
僕も点数を付けるとすると、8点かな~。

予告編

予告編をご覧ください。

いごっそう612
映画「リチャード・ジュエル」は観て損は無い実話映画です。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう