「ヤーラ」イタリアの実話事件を基にした映画がNetflixで配信開始!
ヤーラ

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

実話事件を基にした映画
ヤーラ

ヤーラ

ヤーラ

 

イタリアで実際に合った事件を基にした映画
「ヤーラ」
原題:Yara は
2021年11月5日に配信開始となった
Netflixオリジナル映画

監督は
マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ

13歳の少女の殺人事件の犯人を追う
検事の姿を描いた実話映画です。

 

キャストは

イザベラ・ラゴネーゼ
アレッシオ・ボーニ
トマ・トラバッチ
サンドラ・トッフォラッティ
ロベルト・ジベッティ
マリオ・ピレッロ
キアラ・ボーノ
ミロ・ランドーニ
アンドレア・ブルスキ

等が出演しています。

 

予告編

いごっそう612
イタリアの実話事件を描いたサスペンス・ドラマです。

 

あらすじ

新体操のホープだった13歳の少女ヤーラ・ガンビラジオが、ジムの帰りに行方不明になり死体で発見されます。

服には犯人の血液が付着していましたが、犯人は見つかりません。

ヤーラ

ヤーラ

 

DNA検査で、犯人の特徴が明らかになります。

インド・ヨーロッパ語族、94%の確率で青い目をしている。

ヤーラの肺には、微量の石灰石、服には鉄粒子が付着しており、犯人を見つけるための材料はあります。

 

女性検事は、捜査し容疑者を見つけていきますが、そのどれもが見当違いで犯人を見つけることができません。

ついに世間の批判が高まります。

そして、女性検事はとんでもない捜査を開始します。

住民に対してのDNA検査です。

ヤーラ

ヤーラ

 

犯人の親戚と思われる人物を検査で発見します。

ついに犯人逮捕かと思われたのですが、親類を探しても犯人は見つかりません。

 

そこには、一つの隠された事実がありました。

犯人の父親にあたる人物は、浮気をしていたのです。

だから、親類を探しても見つからなかったのです。

犯人は、別の女性との子供でした。

 

ついに、犯人を発見します。

犯人の名は、ボセッティ

ヤーラの父親と同じ現場で働いている大工でした。

ヤーラ

ヤーラ

 

ボセッティは無罪を主張しますが、裁判で終身刑を宣告されます。

いごっそう612
正直、映画観てて盛り上がりも無く、へーそうなんだという感じで観ていました。

実話・ヤーラ・ガンビラジオ誘拐殺人事件

ヤーラ・ガンビラジオ誘拐殺人事件

ヤーラ・ガンビラジオ誘拐殺人事件

 

映画の基となったのは、実際にあった事件

ヤーラ・ガンビラジオ誘拐殺人事件です。

 

映画で描かれているのは、ほぼ実話と同じです。

7000人くらいしか住んでいない小さい街ですが、その全住人にDNA採取をするなど

前代未聞の捜査を検事は行いました。

もちろん批判もあったようですが、何年もかけ最終的に犯人逮捕に至っています。

参考ヤーラ誘拐殺人事件

 

いごっそう612
ヤーラ・ガンビラジオさんのご冥福をお祈り申し上げます。

海外の評価

実話映画
「ヤーラ」の
海外の評価
調べてみました。

Yara (2021) - IMDb

Yara (2021) - IMDb

 

海外映画サイトIMDbでは

377人の投票があり
平均点が
10点満点中
5.9点という
微妙な評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
6点です。

投票数105人で
全体の27.9%を
占めています。

次に多いのは
7点で
81人の
21.5%

3番目は
5点
57人の
15.1%

5点~7点を付けた人が
64.5%と
全体の約6割以上を占め

海外では
この映画に対して
微妙~普通
と評価している
ユーザーが多い様です。

いごっそう612
海外では評価は芳しくないようですね~。

 

実話という事で興味深い話ではありましたが、そーんなにサプライズもなく、淡々と観てしまいました。

まあ、こんな事件があったんだよ!って感じで観てみるのも良いと思います。

この映画の評価

(2.8)

いごっそう612
検事の犯人への執着ぶりは凄かったです。

 

この映画の様な実話事件を基にした
映画はたくさんありますよ~。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう