「Swallow スワロウ」異食症映画、ネタバレ、あらすじ、感想、ラストの薬は…?海外の評価も
Swallow スワロウ

異食症…

ビー玉とか食っちゃうなんて驚きました。

ラストの薬は…アレですよね‥

 

はい、本日ご紹介するのはそんな映画

Swallow スワロウ

Swallow スワロウ

Swallow スワロウ

 

スワロウ
原題:Swallow は
2019年アメリカ合衆国・フランスの
スリラー映画

金持ちの一家に嫁いだ女性が精神を抑圧され、食べ物以外の物体をのみ込み続ける「異食症」となってしまう姿を描いた作品です。

 

 

監督は
カーロ・ミラベラ=デイビス

 

キャスト

ハンター・コンラッド役に
ヘイリー・ベネット

リッチー・コンラッド役に
オースティン・ストウェル

キャサリン・コンラッド役に
エリザベス・マーヴェル

マイケル・コンラッド役に
デヴィッド・ラッシュ

ウィリアム・アーウィン役に
デニス・オヘア

ルーシー役に
ローレン・ヴェレス

アリス役に
ザブリナ・ゲバラ

ルエイ役に
ライト・ナクリ

アーロン役に
ババク・タフティ

ベヴ役に
ニコール・カン

等が出演しています。

いごっそう612

Swallowの意味は燕だと思っていたんですけど、飲み込むって意味だそうで、この映画にピッタリの題名となっています。

とにかくヘイリー・ベネットが美しい映画です。

 

ネタバレ、あらすじ、感想、ラストの薬は…?

ニューヨーク。ブルーカラーの家で生まれ育ったハンターは、大企業の御曹司(リッチー)と結婚し玉の輿に乗った。はハドソン川沿いの豪邸から見える景色はまさに最上級の家庭の人々が観る景色です。

その夜のパーティーでは、リッチーが最年少で常務取締役になったと、会社経営者である父親マイケルから発表された。

ハンターは家でたった一人で帰りを待ち、家を掃除し、リッチーが帰れば、シェフが出すような豪華な食事を出して良き妻を演じていた。

リッチーとハンターは、リッチーの親であるマイケルとキャサリンとレストランに食事をとりに行く。

食事の席でハンターの会話は遮られ、ハンターは金持ち一家から疎外感を味わう。

ハンターは目の前にあるコップの氷を飲み込みたいと思ってしまい、コップの氷を手でつかみバリバリと音を立て飲み込む。

その姿を見たマイケルとキャサリンは会話を止めハンターを見る。

ハンターは「失礼、氷がおいしくて」と話す。

 

次の日、家に来た継母キャサリンに妊娠中に読んでいたという自己啓発書を渡される。

ハンターは食事に誘うが断られ、リッチーが長い髪が好きだから伸ばしたら?と言われる。

継母から渡された〈喜びの才能〉という自己啓発書を読むと

毎日驚くようなことや、新しいことに挑戦しよう

と書かれていた。

その言葉を見たハンターは、ビー玉を手に取り…

飲み込む

呑み込んだ瞬間、ハンターは今までにないほどの充実感を味わった。

その夜のハンターは上機嫌だった。

 

次の日の朝、リッチーはハンターに対して

ネクタイにアイロンをかけてはいけない、スチームでやるんだ。と指導する。

ネクタイは見た感じどうもなっていないが、リッチーはそのネクタイをせず、不機嫌そうに出社した。

リッチーが出て行ったあと、ハンターはトイレでうんこをする。

そのうんこには、食べたビー玉が入っており、ハンターはゴム手袋をしてそれを取り出す。

ビー玉を大事にしまう。

 

次の日、ハンターは掃除をしていると、押しピンを見つける。

ハンターは迷った末にその押しピンを飲み込んだ。

Swallow スワロウ

Swallow スワロウ

 

その夜、ハンターはトイレで押しピンを出す、出血しトイレの便座を汚す。

リッチーがちょうど帰って来て、あわてて便座を掃除したハンターは何事もなかったかのように誤魔化した。

取り出したピンはビー玉と同じように置いた。

 

その後、ハンターは電池や金属、継母からもらった自己啓発書まで食べるようになり、飲み込んだあとの充実感に染まっていく。

しばらくして、ハンターが妊娠していることが判明、産婦人科でエコー検査したところ、赤ちゃん以外に、お腹の中にたくさんの異物が入っていることがバレてしまう。

緊急手術によって、ハンターの消化管から今まで呑み込んできた異物が取り出された。

 

リッチーは怒り

「こういうことは結婚する前に言ってくれ!」となじる。

ハンターにも、異物を飲み込む感情は初めてのことで戸惑っていた。

リッチーの両親(マイケルとキャサリン)は、ハンターに精神科の治療を受けさせることにした。

心理療法の中で、ハンターは「口に入れたときの感触が好きなの」と語った。

 

次の日、継母にジュース療法を説明されているところに、看護師ルエイを紹介される。

妊娠中の手伝いとして雇ったと言うが、ルエイはハンターへの監視だった。

トイレに行くにも、何も異物をもっていないかボディチェックを受けることになる。

ハンターは、ますます豪邸での暮らしに息苦しさを感じるようになっていく。

 

ある日、パーティーの席でリッチーの友人に異色症のことをからかわれる。

ハンターはショックを受けるが、リッチーは

「今日は僕の誕生日だぞ、後で話そう」と相手にしなかった。

ハンターの心はますます病んでいく。

 

 

ある日の治療で、ハンターは

自分自身が母がレイプされたことにより生まれたこと、その男は逮捕され刑務所に入ったこと。

その男の写真を持っている事、母が宗教上の理由で中絶しなかったことなどを話す。

ハンターは、継父、妹、母親とも仲良く、やっていたが、レイプで生まれた子である自分に罪悪感を感じていた。

 

精神科医から連絡を受けたリッチーは、精神科医からハンターがレイプで生まれた子であることに罪悪感を持っていることを話す。

それにより、ハンターの精神はまたも崩れていく。

埃まみれのベッドの下に潜り込んでいる姿を見たルエイは、ハンターを安心させ共にベッドの下で眠りにつく

夜になり起きたハンターは、またしても異物を飲み込み、病院に運ばれる。

 

リッチーと彼の両親はハンターを強引に施設に入院させることにする。

マイケルは「行かないなら離婚だ!」とハンターを脅す。

渋々、ハンターは同意することになる。

 

出発目にトイレに入ったハンターにルエイが窓から逃げるように促す。

ルエイはハンターを不憫に思っていた。

ハンターがトイレの窓から脱出した後で、ルエイは偽装工作する。

リッチーたちはハンターが逃げたことに気がつくが、すでにハンターは遠くへ逃げていた。

 

その夜、安モーテルに泊まったハンターはリッチーに電話をする。

「帰って来てくれ」というリッチーに「嫌」と言ったハンターだったが、怒り狂ったリッチーに罵声を浴びせられ、リッチーへの想いを断ち切る。

その夜ハンターは、かつて食べようとして思いとどまった土を食べる。

 

次の日に母親に電話をし泊めてもらうように頼むが、妹が子を連れてきているから泊まらせられないと言われてしまう。

ハンターは思い切って、かつて母をレイプした実の父親を訪ねることにする。

かつての父は結婚し、誕生日パーティーをやっていた。

父はアーウィンと名乗った。

アーウィンの妻に怪しまれるハンターだったが、ハンターのことに気が付いたアーウィンにフォローされる。

二人きりになったところで、アーウィンが

「私の人生をぶち壊すつもりか?」と尋ねる。

ハンターは

「まだ決めてない、そうするべきよね」と答える。

ハンターはアーウィンに

「何故やったの?」と尋ねる。

アーウィンは

「自分が特別だと勘違いしていた。」とそして、刑務所でボコボコにされ現実を思い知ったと話す。

ハンターは

「私のこと恥じてる?」と聞く。

「まさか、自分の行為は恥ずかしいよ‥」とアーウィンは答えた。

「私はあなたと同じ?」

「わからない、どう思う」

「あなたの口からききたい」

「君は私とは違う、君は悪くない」とアーウィンは答えた。

レイプで生まれた子として罪悪感を抱えていたハンターだったが、この言葉で救われる。

 

こうして気持ちに整理をつけたハンターは1人でクリニックを訪れ、中絶を誘発する薬を処方される。

薬を人だ

モールのフードコートでマックを食べ、薬を飲んだハンターはトイレで中絶を経験し、トイレを後にする。

いごっそう612
最後の薬は中絶薬です。
その後にトイレの便器は真っ赤になっていました。

 

トイレの場面のままエンドロールが流れる。

 

何とも異質な映画でした。

異食症…ストレスで誘発されるらしいですね。

異食症とは
異食症とは少なくとも1ヶ月間、通常食べることのない・栄養がないものを1つ以上、継続して口にしてしまう摂食障害の一つです。 摂取してしまうものの例としては、氷や土、毛髪、チョークなどが挙げられます。 特に氷、土、毛髪を食べることは多く知られており、氷食症、土食症、食毛症という個別の症状名がつけられています。

 

結婚生活のストレス、自分自身がレイプでできた子であったことを知られたストレス‥。

我慢だらけの生活をしていたハンターは、ラストに抑圧から解放されました。

ここから彼女の人生は始まるのです。

しかし、超大金持ちのボンボンに見つかって‥慰謝料など大変な目に合うかもしれませんね。

しかし、ヘンリー・ベネットの演技素晴らしかったです。

序盤のあのぎこちない作り笑顔‥ハンターはずーとこうやって生きてきたんだなあ~と想像しまいました。

ヘンリー・ベネットを見るだけでも、一見の価値ありです。

Swallow スワロウ:海外の評価

海外での評価はどうなっているのでしょう?

映画
「Swallow スワロウ」の
海外の評価
を調べてみました!

Swallow (2019) - IMDb

Swallow (2019) - IMDb

 

海外映画サイト
IMDbでは
22814人の投票があり

平均点が
10点満点で
6.5点という
普通な評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
7点です。

投票数6862人で
全体の30.1%
を占めています。

次に多いのは
6点
5442人で
23.9%

3番目に多いのが
8点
3810人で
全体の16.7%

6~8点が
全体の70.7%以上を占め

海外では
この映画に対しては
普通~面白いと
評している人が多い様です。

いごっそう612
海外のレビューも紹介します。

 

良い点:この映画は謎の筋書きに優れています。妊娠中の幸せな女性が、ビー玉や待ち針などの有害な物体を飲み込みたいという衝動に駆られるのはなぜですか。素晴らしい写真も。そして、主演女優は素晴らしいです!

悪い点:この映画のミステリーは後半に簡単に明らかになり、ミステリーがなくなると、この映画の興奮もなくなります。なんて残念だ。

それはまだかなり良い映画ですが、プロットは最大の失望です。信頼性にも欠けがあり、ドラマでは信頼性が必要です。信頼できない部分がどんなに小さくても、その部分は映画の残りの部分で重要な役割を果たしました。

私はまだこの映画をお勧めします、なぜならそれは聞く必要がある道徳的なメッセージを伴う強烈なプロットだからです。

 

現実の範囲内での独創性は、最近の映画や映画では珍しい成果です。ヘイリー・ベネットは、彼女の過去と現在の状況が彼女にもたらした、そして現在抱えている心理的緊張の幻想の下に私たちを置き去りにします。多くの人々がこれらの混乱し、進化し、絶えず変化する時代にいるので、非常に多くの方法で苦しめられています-私たちの狩猟採集民の心は、洗い流すのが少し難しいものを見つけることができますが、それを補う方法があります。

 

演技とビジュアルは素晴らしいです。ストーリーラインには、これを7または8にする可能性のあるパンチが欠けていました。

話は悲しいですが、私とはつながりませんでした、そして私は終わりに失望しました。

人生のさまざまな重要なことについて多くのことを語る映画。キャラクターの苦労を感じるので時々見るのは辛かったですが、同時に、それは満足のいく映画であり、ヘイリー・ベネットによる素晴らしいパフォーマンスでもあります。

 

いごっそう612
比較的に高評価のレビューが多いと感じました。

 

映画「Swallow スワロウ」と同じく
スリラー映画には興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう