「スパイラル:ソウ オールリセット」続編は‥ネタバレ、あらすじ、感想、海外の評価も!
スパイラル:ソウ オールリセット

あの「ソウ」シリーズを
リセットし作り出した
新たな続編

スパイラル:ソウ オールリセット

スパイラル:ソウ オールリセット

スパイラル:ソウ オールリセット

 

スパイラル:ソウ オールリセット
原題:Spiral: From the Book of Saw は
2021年アメリカの
スリラー映画

ソウシリーズの第9弾で、過去のシリーズと関係する登場人物と物語がリセットされ、新たな猟奇犯とそれを追う刑事の物語となっています。

 

 

 

監督は
ダーレン・リン・バウズマン

脚本は
ジョシュ・ストルバーグ
ピーター・ゴールドフィンガー

 

キャスト

エゼキエル・"ジーク"・バンクス刑事役は
クリス・ロック

ウィリアム・シェンク刑事役
マックス・ミンゲラ

マーカス・バンクス役
サミュエル・L・ジャクソン

アンジー・ガーサ署長役
マリソル・ニコルズ

マーブ・ボズウィック刑事役
ダニエル・ペトロニエヴィッチ

フィッチ刑事役
リチャード・ゼッピエリ

ピーター・ダンレヴィ元巡査役
パトリック・マクマナス

ジェニー・ルイス巡査役
アリ・ジョンソン

カーラ・ボスウィック役
ゾーイー・パーマー

モーゲイ・シルヴァ巡査部長役
ディラン・ロバーツ

ドゥルーリー刑事役
K.C.コリンズ

デボラ・クラウス刑事役
エディ・インクセッター

チャダ検視官役
ナズニーン・コントラクター

ティム・オブライエン刑事役
トーマス・ミッチェル

ベニー・ライツ役
チャド・カミッリ

チャーリー・エマソン役
フランク・リカリ

等が出演しています。

いごっそう612
ウィル・スミスのビンタ問題で話題になったクリス・ロックを主演に迎えた新たなるSAW(ソウ)シリーズ、相変わらずのグロさもあって、ホラー好きには楽しめる作品となっております。

 

続編は…ネタバレ、あらすじ、感想

独立記念日のパレードの祭りが行われている夜、その人混みの中をボズウィック刑事が歩いていると、男がぶつかって来ました。ボズウィック刑事がその男を見ていると、その男は女性のバッグを奪って逃げて行きました。

ボズウィック刑事がその男性を追い掛け、下水道の排水道に下りて行くと、そこには、背を向けたまま椅子に座っている男がいました。

ボズウィック刑事が、その男を蹴って突き飛ばしたところ、それは人形でした。

ボズウィック刑事は豚の仮面を被った何者かに後ろから攻撃され意識を失いました。

意識を取り戻したボズウィック刑事は、地下鉄のトンネルの中で、天井から舌を金具で固定されたまま、ぎりぎり届く梯子の上に立っていました。

目の前のTVに豚の仮面をした何者かが現れ。

「やあ、ボズウィック刑事ゲームをしよう。2分後に地下鉄が来る、お前の決断次第でここが命の終点となる。お前は裁判で偽証し多くの無罪の人々を刑務所に送り込んできた。今日はお前の運命が決まる。生存のチャンスは1度、嘘をつき、人を騙すために使われた舌を引き抜け!うまくすれば生きられる。舌を引き抜くには体重だけが頼りだ。生か死か‥選択しろ。」

と言ってTVは切れてしまう。

電車が向かってきます。ボズウィック刑事は何とかしようと足掻きます。

ついには、椅子を蹴って舌を千切ろうとしますが、間に合わず…。

ボズウィック刑事は電車に撥ねられて死んでしまいました。

天井からは千切れた舌がぶら下がっていました。

 

あるホテルの一室で、エゼキエル・"ジーク"・バンクスと3人の仲間は、強盗の準備をしていました。

強盗は成功し、脱出するため車に乗り込んで逃げようとしたところ‥警察官たちに包囲されます。

警察の一人が「ジークお前か?」と言います。

ジークは警察官でした。勝手に潜入捜査をしていたのです。

翌日、署長であるアンジーに怒鳴られています。

アンジーは「あなたが元署長の息子でも大目に見ない」と怒鳴っています。

アンジーはジークに、新人のウィリアム・シェンクをパートナーとして無理やりに組ませます。

 

ウィリアムが刑事になったのはマーカス署長がきっかけだと話すウィリアムに

「俺は親父とは違う」と話します。

アンジーから、ホームレスが地下鉄で轢かれたから現場に行くように言われます。

事件現場に向かう途中で、刑事が家庭を持つことの難しさをジークは語ります。

ジークとウィリアムは、地下鉄のトンネルの中へと歩いて行きます。

惨ましい死体と現場に衝撃を受けるジークとウィリアム。

事故現場はボズウィック刑事が死んだ場所でした。

 

事故現場で再生しろとメッセージが入ったUSBを見つけたジークは警察署で再生します。

再生すると

「やあバンクス刑事、署の改革に手を貸そう、市民への誓いを思い出してほしい。君の同僚の警官は改心を拒んだ。私のゲームは彼が最後ではない。」

ビデオメッセージを見て、そのスパイラルは… ソウ…死んだはずじゃ‥と署の仲間から声が漏れます。

スパイラルが書かれた壁は、見覚えのある裁判所の壁でした。

ジークたちはそこに向かい、怪しい箱を見つけます。

箱を開けると、ボズウィック刑事の千切れた舌と警察バッジ(453)が入っていました。

 

歯科記録から被害者はボズウィック刑事だと判明します。

「ジグソウの模倣犯だ、その線で捜査を」とフィッチが言います。

アンジーが指揮を指名しますが、ジークは納得せず、仲の悪い仲間たちに罵声を浴びせ飛び出していきます。

ジークはかつて不正を暴いたことで、仲間から嫌われていました。

アンジーが追いかけ、ジークと話します。皆と協力することを条件に事件の指揮をジークに任します。

フィッチ達は署長の命令で渋々納得しました。

 

 

ボズウィック刑事の妻を訪ねるジーク、妻から黒いSUVが家の近所に止まっており、ボズが言い争いをしていた。と話を聞きます。

家に帰るジーク、家のドアが僅かに開いています。ジークが銃を構えると、そこには父親であるマーカスがいました。

今夜夕食を一緒にする約束をして、マーカスは帰っていきました。

 

ボズウィック刑事の事件のビデオカメラを調べていくと、パレードでボズが追っていたのはベニー・ライツというチンピラであることがわかります。

フィッチがベニー・ライツの隠れ家に行くと、そこにあったのは豚の仮面、フィッチは襲われ捕まってしまいます。

「やあ、フィッチ刑事ゲームをしよう 」

意識を取り戻すと、野球のキャッチャーのかぶるマスクをつけられ、水槽らしき中におり、指は網のような金具で固定されています。感電死を避けるには指を切らなければ脱出できないというゲームでした。

 

ジークはウィリアムと電話しています。ウィリアムは赤ん坊をあやしつけている様子でした。

ウイリアムは「調べるとボズは偽証が多かった」と話します。

ジークが家に帰ると、マーカス宛にデリバリーが届きます。

ジークはかつて悪徳警官を密告したときに、父親ともめたことを思い出します。

 

翌日、再び警察署に届いた箱またもUSBが入っており、映像の中には、話す豚の人形とスパイラルのマークの入った車のある場所が映っています。

「やあ、バンクス刑事‥救済を提案した拒否された。警察には文句がある‥だが、お前たち‥12番通りの橋‥まずは自らの責任を問え!すべてを吐き出すまで大勢が死ぬ。」

その場所に向かったジークたちは、スパイラルのマークの入った車を開けます。

開けると、豚の死体が落ちてきました。そして箱を見つけます。

箱の中には、切断された指と警察バッジ(982)が入っていました。

ジークはかつて、フィッチに援軍を頼んだのに無視されて死にかけたことを思い出します。

それを知ったマーカスはフィッチをボコボコにしていました。

フィッチはジグソウの模倣犯のゲームで死んでいました。

フィッチはかつて、自分を侮辱した男を銃殺した過去がありました。

「その指が撃った‥2度とそうはさせない」

模倣犯は、口の中のスイッチを噛んで指をすべて千切るなら、水槽の中で感電死せずに逃げられると言います。

 

事件は、フィッチに恨みがあるもの、または警察に恨みがあるものか?

アンジー署長は、ジークにボズウィック刑事が最後に追っていたベニー・ライツを見つけるようにジークに指示を出します。

ジークはベニーが覚せい剤を買っていた場所に行き、覚せい剤を買うふりをして踏み込みます。

売人を痛めつけ、ベニーを2日間見てないと情報を聞き出します。

ウィリアムと話し、今回の事件はジグソウの弟子ではない、個人的な動機を持つ別の人物だと話します。

 

ジークは、ジークの密告によって警察をクビになり断酒会をやっているピートのいる教会へ行きます。

ピートはかつて警官の汚職を告発しようとした証人を銃殺していました。

それをジークが告発し、ピートはそのせいで逮捕されていたのです。

しかし当時のことを今は後悔しているというピート‥、当時は第8条のせいで無法地帯だったと話します。

ジークは7月4日午後9時半にどこにいたか?と聞きます。

ピートは断酒会で喧嘩沙汰で警察に捕まりそうになっていたが、オブライエンが助けてくれたと話します。

ジークとピートはお互いに嫌味を言いあいその場を後にします。

 

翌日、再び箱が警察署に届きます。

箱を開けると、豚の人形が入っています。

身体は人間の皮膚で作られていました。

調べると、豚の背中にチャーリーと書かれた入れ墨がある皮膚がありました。

ジークは相棒のウィリアムが息子の名前をチャーリーと言ってたのを思い出します。

背中の皮膚はウィリアムの腕の皮膚だと直感しました。

豚の身体を調べると、コンスタンティンと書いた小瓶が出てきました。

ジミーはコンスタンティン・トレインズというホビーショップを思い出しました。

今は肉屋になっているその場所へ向かいます。

 

肉屋に到着すると、皮膚が剥がれたままのウィリアムと思われる死体が吊るされていました。

その場に会ったテープを再生すると

「やあ、シェンク刑事‥ゲームをしよう。君は警察学校を首席で卒業‥」とウィリアムとジグソウの模倣犯が行った死のゲームの音声が入っていました。

ジークは、ウィリアムのことを思い出し悲しみにくれました。

 

アンジー署長の元へ、マーカス・バンクスからメールが届きます。

〈未解決事件ファイル、9246号を調べてくれ〉

と書かれていました。

アンジーは調べに行きます。

 

ジークは、豚の仮面の男がが警察を切りつけて逃走した事件現場にきます。

ジークは、それはアンジーと自分を引き離す罠だと気が付き、急いで戻ります。

アンジーは倉庫で豚の仮面の男に捕まってしまいました。

目を覚ましたアンジーは台に寝かされており、顔を布で覆われ、手足を拘束されていました。

手元にあったテープレコーダーを再生すると

「やあガーサ署長ゲームをしよう。お前は署内の悪を隠蔽し、無実の者を守らなかった。今、お前が隠蔽される。数秒後煮えたぎる蠟がお前の上に落ちてくる。窒息から助かる方法は一つだけ、首の下の刃で脊髄を切れば蝋の落下は止まる。歩けなくなるが命は助かる。生か死か?選択しろ!」

と流れてきて顔の上に蝋が落ちてきました。

 

 

警察署に着いたジークは、アンジーを探します。

オブラエランから倉庫に行ったと聞き急いで向かいます。

鍵のかかった倉庫を開けると、台の上に顔を蝋で覆われたアンジーの死体がありました。

ジークは犯人を逃がさないように、署を封鎖しろと命じます。

防犯カメラを調べるも一部消去されていました。カメラは警察関係者しか使えないために、ログインした人物を調べるとバッジ番号213のピートの名前が出てきます。

オブラエランに父親のマーカスも怪しいと言われたジークはオブラエランと喧嘩になります。

ピートを調べに教会に向かったジークは誰もいないことを確認すると、マーカスに電話を掛けながら教会を出ようとしたところで、豚の仮面の男に捕まってしまいます。

 

一方で、マーカスは独自に追って調べた建物のなかで、スパイラルのマークの入った壁と、〈ゲームをしたいか?バンクス署長〉と書いた壁を見つけます。さらに追って調べていくと、豚の人形と仮面が置いてある場所に着きます。その時に何者かに背後から襲われ、囚われてしまいます。

 

ジークは暗い建物の中で目を覚まします。パイプに手錠が掛けられ、ノコギリが近くに置いていました。

ノコギリで手錠を切ろうとしますが切れません。近くにピンセットが落ちているのを見つけ、ノコギリで近くに寄せ拾い、手錠の穴に差し込み手錠を解除します。

自由になったジークは奥に歩いていきます。

するとそこには、天井から吊るされ台の上に立たされている男がいます。

顔にかけられた布を取ると、その男はピートでした。

声をかけピートの目を覚まさせると、ピートを犯人だと疑うジークはピートを問い詰めます。

何のことかわからないピートは「正気か?早く降ろせ!」と怒ります。

「俺への復讐だな、ムショだけじゃ不満足か?」とピートもジークの仕業と思ってしまいます。

ピートにかけられたテープレコーダーを見つけ再生します。

「やあ、バンクス刑事‥ゲームをしよう。ピートが無実の男を殺した時、お前のキャリアも砕け散った。ついに正義が下されるのを見たいか?彼を救えるが、拘束したまま鍵を捨てることもできる。決断はお前次第だ。」

ガラスシュレッダーが作動し、たくさんのガラスがシュレッダーに向けて動いていく。

ジークは慌ててピートの拘束を解除しようとしますが、飛んでくるガラス片にピートが傷つけられていきます。

自らも傷つき、ようやく拘束を解除したジークだったが、ピートはすでに絶命していた。

 

さらに建物の奥へ進んでいくと、そこには殺されたはずのウィリアムがいました。

ウィリアムは

「初めて会った時からあなたは忠実だ。15年前、あなたの相棒が僕の父を殺した。」

ピートが殺した男はウィリアムの父親だったのです。

ウィリアムは妻も子もおらず全てうそ、ベニー・ライツを殺し皮をはぎ、自分の死体に見せかけ、腕のチャーリーというタトゥーは父親の名前でした。

ジークは「俺の父親はどこだ!」と叫びます。

ウィリアムは、ジークのスマホからマーカスを呼び出して捕まえていました。

ウィリアムはジークに「一緒に組もう」と言います。

2人で悪徳警官を始末し、腐った署を正そうと

今まで殺された警官たちは何らかの悪事を行っていました。

組むから父親を解放しろと言うジーク、ウィリアムは銃を撃ちながら警察に電話をし、SWATを呼び寄せます。

そしてジークに信頼するための最終テストを仕掛けます。

ウィリアムがジークを案内した部屋には、マーカスが空中へ吊るされていました。体につけられた管からはマーカスの血が流れていました。

警察が到着、猶予4分‥人間の血液量は約6リットル、お父さんの出血量は激しい役3分で小瓶がいっぱいになり死ぬ。命を救う方法は一つだけあの的を撃つこと」

スパイラルのマークの入った的が見えます。

銃弾は一発だけで、ウィリアムを撃つか、的を撃つかのゲームです。

マーカスは市民を守るために第8条を成立させましたが、第8条が警察を腐敗させた原因ともなっていました。

第8条は、正当な理由があった場合、警察官は加害者を殺してよいと言う法律の様です。

ジークはスパイラルのマークの入った的を撃ち、マーカスを救います。

逃げようとするウィリアムにジークが襲い掛かります。

発砲音を聞きつけSWATが扉を破り踏み込んできます。

扉には罠が仕掛けられており、扉が敗れるとマーカスが再び吊り上げられ、糸人形のようにSWATに対して銃を向けるように仕向けられていました。

ジークはウィリアムをほってマーカスを救いにSWATを止めに行きます。

SWATは操られ銃を向けたマーカスを射殺します。

叫ぶジーク‥その後ろでウィリアムはエレベーターを押し逃げ去っていきます。

ジークにシーという動作をしながら…ジークは叫びます。

エンドロールが流れる

 

感想

いやいやいやいや、最悪ですねこれ‥。

SAWシリーズの正当な続編とは言いたくないですね。

監督はダーレン・リン・バウズマン‥

SAWシリーズ、2,3,4を作り上げた監督です。

今回のスパイラル:ソウ オールリセットは一番ひどい…。

ソウシリーズでは無いです。豚の仮面ってなんだよ‥。

まあ、ソウシリーズとして思わなければそこそこなのですが、ツッコミどころも多いですよね。

監督は続編も考えているらしいのですが、はっきり言って‥。

これ続編は無いでしょ‥

クリス・ロックの演技も評価されてるけど、個人的には無い‥。

なんか薄いんですよ、重みが無いと言うか‥深みが無いと言うか‥。

SAW(ソウ)シリーズって何か考えらされる深さがあったと思うんですが、本作はグロいだけのわけわかんない作品となってしまったという感想です。

まあ、シリーズ観てる人はガッカリするけど一度見てみても良いかもしれないですね。

いごっそう612
サミュエル・L・ジャクソンが新たなジグソウだったら良かったのに…

スパイラル:ソウ オールリセット:海外の評価

海外での評価はどうなっているのでしょう?

映画
「スパイラル:ソウ オールリセット」の
海外の評価
を調べてみました!

Spiral (2021) - IMDb

Spiral (2021) - IMDb

 

海外映画サイト
IMDbでは
49433人の投票があり

平均点が
10点満点で
5.2点という
低い評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
6点です。

投票数11122人で
全体の22.5%
を占めています。

次に多いのは
5点
10407人で
21.1%

3番目に多いのが
7点
6790人で
全体の13.7%

5~7点が
全体の57.3%以上を占め

海外では
この映画に対しては
イマイチ~まあまあと
評している人が多い様です。

いごっそう612
海外のレビューも紹介します。

 

原作のような素晴らしいストーリーはなく、ジグソウのような心をつかむキャラクターもいない。エンディングも弱く、エンディングの鋸のひねりも、他の鋸と比べると今ひとつでした。クリスには申し訳ないが、ファーゴでのあなたも、ここでのあなたも好きにはなれなかった。でも、彼の演技は、スタンドアップ・コミックと同じように見えるんです。そして、彼の存在感は、ドラマのホラーやタフな男である彼には伝わらないのです。一度は見たことがあるが、劇場やBlurayで見るほどでもない、Netflixやケーブルテレビで見る映画だ。

 

そして彼らは、実はある種、以前のオリジナル(2017年「ジグソウ」)よりも一段と演技を必要とするジグソウの映画を書き、ロックに狂った演技、疲れた演技、感情的な演技、疲れきった演技、悲しい演技、絶望的な演技を強いることになった。それなのに彼の顔は、彼のキャラクターが感じているはずの感情に関係なく、映画のすべてのシーンで同じだった。

サーガに関するよりスーパーフィットなものは、監督であるブスマンのおかげでそこにあった(『ソウII』、『III』、『IV』の監督でもある)。

しかし、ジグソウを伝説にした根本的なものは、彼の「コード」、「目的」、「論理的な狂気」(そして独創的なトラップも)であった。残虐だがそれほど巧妙でない罠、一貫した哲学を欠いた悪役、つまり基本的に単純な(そして退屈な)連続殺人犯になっている。

 

ただ出演しているだけの彼の大義名分は何だったのか?ソウのキャラの中で一番不愉快。トラップは最悪、B級ゴア映画は平凡、考えるホラーファンにとっては、これは弱々しいとしか思えない。私がプロデューサーなら、その予算をコカインに使った方がマシだと思う。

 

フランチャイズの新たな始まりとなる可能性を秘めた作品として、大きな期待を寄せていました。しかし、残念なことに、脚本の稚拙さと深みのなさが、この作品を失望させた。テンポが悪く、ロックはまあまあだったが、演技力のなさが露呈してしまった。一見の価値はあるが、特別なものを期待しない方がいい。

 

いごっそう612
けっこう酷評されてますね(笑)

 

スパイラル:ソウ オールリセットの様な
スリラー映画は
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう