「ペリフェラル 接続された未来」あらすじ、ネタバレ、海外の評価とレビュー!
ペリフェラル 接続された未来

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

Amazonプライムビデオで
クロエ・グレース・モレッツ主演の
興味深いSFドラマが配信開始

ペリフェラル 接続された未来

ペリフェラル 接続された未来

ペリフェラル 接続された未来

 

ペリフェラル~接続(コネクト)された未来~
原題:The Peripheral は
2022年アメリカのSFドラマ

70年後につながるVRヘッドセットをきっかけに、現在と未来を股にかけた物語です。

 

 

Amazonプライムビデオで
2022年10月21日配信開始

 

原作はウィリアム・ギブスンの同名小説

 

ウエストワールドのクリエーターであるジョナサン・ノーランとリサ・ジョイが、アテナ・ウィッカム、スティーブ・ホーバン、ヴィンチェンゾ・ナタリと共に製作総指揮を務めます。

 

キャスト

フリン・フィッシャー役
クロエ・グレース・モレッツ

バートン・フィッシャー役
ジャック・レイナー

レヴ・ズボフ役
J・J・フィールド

チェリーズ・ヌーランド役
ティニア・ミラー

コーベル・ピケット役
ルイス・ハーサム

アッシュ役
ケイティ・レオン

エラ・フィッシャー役
メリンダ・ペイジ・ハミルトン

ジャスパー・ベイカー役
クリス・コイ

トミー・コンスタンティン役
アレックス・ヘルナンデス

オシアン役
ジュリアン・ムーア=クック

ビリー・アン・ベイカー役
アダリンド・ホーラン

レオン役
オースティン・ライジング

コナー・ペンスキー役
イーライ・ゴーリー

アリータ・ウェスト役
シャーロット・ライリー

等が出演しています。

いごっそう612

さっそく観てみましたがグロいシーンもあるSFドラマ
「ウエストワールド」ハマった人にはおススメの作品となっています。

 

あらすじ、ネタバレ

アパラチア山脈の小さな町で暮らす若い主人公にとって、退屈な毎日から逃避できる唯一の場所が高度なVRゲームの世界だった。ゲームの腕を買われた彼女のもとに、ある会社から新しいゲームのテストプレイの仕事が舞い込む。だが、そこには驚きの展開が待っていた。ゲームのように見えるその世界で、彼女は夢見ていたやりがいや、ロマンス、きらめきを見つける。だが同時に、彼女と彼女の家族の身に危険が迫り始める。

 

1. シミュレーション
2022年10月21日(1時間12分)

将来への希望もない小さな町で暮らすフリン・フィッシャーは天才的ゲーマーだが、しがないプリントショップに勤めながら、退役軍人の兄バートンと病気の母エラを支えている。バートンに頼まれて高度なシミュレーションゲームを試す中で、見てはいけないものを見てしまい、現実世界の家族を危険にさらすことに。

 

2. 思いやりボーナス
2022年10月21日(1時間5分)

雇われの兵がフリンの家を襲う。なぜ命を狙われるのか探るべく、フリンは再びシミュレーションの中へ。するとゲームだと思っていた世界が実は70年先のロンドンだと判明する。フリンは、アリータを捜すウィルフとレヴと協力し合うことにする。

 

3. ハプティック・ドリフト
2022年10月28日(1時間11分)

フリンとウィルフは協力しアリータを捜す。一方、バートンは新たな脅威に立ち向かう。

 

4. ジャックポット
2022年11月4日(58分)

フリンの体調に異変が現れる。ウィルフがフリンの世界に現れ、2人の距離が一歩近づく。フリンは自身の未来に関する真実を知ってしまう。

 

5. 殺し屋ボブの過去
2022年11月11日(59分)

フリンは再び命を狙われ、シェリスと対峙する。

海外の評価とレビュー!

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflixオリジナル映画
「ペリフェラル~接続(コネクト)された未来~」の
海外の評価
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

TV Series - The Peripheral (2022) - IMDb

TV Series - The Peripheral (2022) - IMDb

 

海外映画サイト
IMDbでは
931人の投票があり

平均点が
10点満点で
8.5点という
高評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
満点の
10点です。

投票数401人で
全体の43.1%が
満点の評価をしています。

いごっそう612

確かに面白かったもんな!

 

2番目は9点
投票数278人で
全体の29.9%

3番目は
満点の8点です。
投票数122人で
全体の13.1%

10点~8点に
評価が集中していることから

いごっそう612

「ペリフェラル~接続(コネクト)された未来~」は海外で高い評価を受けているようです。

 

海外のレビューも紹介します。

 

The Peripheralの最初の数エピソードを見たところ、私が期待していたよりもとてもよかったです。本を読んだことがないし、名前すら聞いたことがなかったので、どんな話なのか全く分かりませんでした。クロエ・グレース・モレッツもジャック・レイナーも主役級で素晴らしいです。独創的で刺激的なSFシリーズです。ストーリーテリングは、登場人物たちに何が起こるのか、興味を引き付け、実際に気になるものです。少し複雑な展開になる可能性があるので注意が必要ですが、悪くはありません。ビジュアルも素晴らしい。この番組にお金をかけているのがわかる。このシリーズがどうなっていくのか、本当に楽しみです。

 

サイファイ番組を見て、テレビの別世界を支配するスーパーヒーロー番組や超常現象番組に浸透しているファンタジー番組から逃れることができ、新鮮だ。

良い番組だと思います。キャラクターがよく練られており、これは、通常、注意力の低い観客に対応している証拠である、かなり速いスピードでアクションが始まるときのトリックである。登場人物の役柄を信じ、序盤から楽しませてくれるのは、その番組が見続ける価値のあるものであることの、とても良いサインだ。

モレッツ、レイナー、ゴーリーの3人がとてもいい味を出しています。また、南部が舞台になっているのもいい。テレビでは、ラストベルトやL.A.やニューヨークにこだわった番組が少なくなってきている。また、南部が舞台になっているのもいいですね。また、私たちが生きている間にVRを見ることはないにしても、VRの行く末を暗示するものでもあります。

 

ストレンジャー・シングス」と「オザーク」と「クォンタム・リープ」に子供がいたとしたら、これはその子かもしれない。この作品には十分なストーリー展開があり、当分の間、次のエピソードを楽しみにすることができる。50年代スタイルのSFを模倣しつつも大幅に改良し、社会と技術の進歩がいかに日常生活に溶け込むかを描いている。ある未来は2099年のロンドン、もうひとつは2032年のアメリカ南部の田舎町である。作家たちは、排外主義的な態度が支配的であり続けると仮定している。田舎の善良な少年バートンは、ゲームの高得点に基づき、最先端のバーチャルリアリティ装置のベータテストのために報酬を受け取っている。しかし、そのスコアの正体は、美しく、知的で、思いやりのある妹のものだった。フリン... バートンとフリンは、病気で家に閉じこもった母親の介護をしており、彼女の痛みを抑えるためにあらゆるお金が必要です。脚本家は、フリンの性別が、装置のベータテストに選ばれる可能性を低くしていることを暗示している。明らかに、この装置は単なるVRゲーム以上のものだが、今のところ、フリンとバートンは世間知らずのままだ。フリンは、地元の有力政治家(または実業家)に報告する地元の僻地の売人から痛み止めを買わなければならない。フリンは、彼女の車椅子に縛られたとき、Y字型の髪をした売人たちから嫌がらせを受けている。アフリカ系アメリカ人の退役軍人が悪党を睨みつける。このように、「萌え萌え」なのは、「萌え萌え」なのですが、「萌え萌え」なのは、「萌え萌え」なのです。アマゾンは使えるものをたくさん持っていて、今のところそれをうまく活用している。一方、フリンの仮想世界では、マンゲラ博士とステロイドのQを混ぜ合わせたような科学者を擁する闇の秘密組織と協力している。そして、その反対勢力は彼女のバーチャルな自分を捕らえ、アバターの背後にいる人物を突き止めると脅している。Flynnはシミュレーションに関わるのをやめようと決心するが、電話がかかってきて、そのまま続けるようにというメッセージも受け取る。その電話の主は未来から来たようで、ほとんど魔法のような方法で彼女にアクセスすることができます。

 

私はこれまでのところ、「The Peripheral」に非常に感銘を受けており、もっと見るのを楽しみにしていると言いたいです。この番組は、一度に乱発するのではなく、毎週投下されるシリーズであることも気に入っています。その合間に議論や理論的な考察をするのが楽しい作品になると思うからです。近未来を舞台にした、ありそうでなかった技術開発、素晴らしい演技とキャラクターが好きな人には、お勧めの番組です。

レディ・プレイヤー・ワン」と「ウエストワールド」(同じプロデューサー、ジョナサン・ノーラン)と「ブラックミラー」のいいとこ取りをしたような作品です。複雑でなくスマートで、イライラせずミステリアスで、面白いけれども見ているうちに何もわからなくなるようなことはなく、十分に独創的です。

この作品は、その教訓を生かし、より良いストーリー構成になっているようです。

私は本を読んでいませんし、ショーが終わるまで読むつもりはありませんし、本の読者からのすべてのネタバレを避けるでしょう。そのため、常に原作と比較することがなく、純粋にテレビシリーズとしてアクセスできるという利点があります。

今のところ、完全に成功しています。すでに挙げた良い点に加えて、演出、撮影、編集、風景、物語の舞台となる場所と時間に合わせたリアルな衣装デザインとアクセントなど、完璧な作品に仕上がっています。

新しいオリジナル番組でこれほど興奮したのは久しぶりだ。

 

最初の2話を見るまで、この番組について何も知りませんでした。この番組は素晴らしい。もしあなたがSF好きなら、この番組はあなたの好みにぴったりだと思います。以前のレビューを読んでいたら、クロエの演技を酷評している人がいました。この番組での彼女は素晴らしいので、その人は彼女に対して個人的な恨みを持っているに違いない。彼女はいつからこんなに美しい女性になったのでしょうか?

Amazonは素晴らしい番組をいくつか発表しているが、この番組もそのひとつになりそうだ。演技もいいし、CGもいいし、ストーリーもオリジナルっぽいから好き。このシリーズの続きが楽しみです。

 

この番組にはすべてがある。プロット、アクション、美しい映像、もう虜です。特に、ビリー・アン・ベイカー役のアデリン・ホーランが素晴らしい。ホランは出演するすべてのシーンを支配しており、この作品や他の番組、映画で彼女をもっと見ることができることを本当に望んでいます。パニッシャー」に登場した彼女のキャラクターは、コミックに登場するコンピューター・ガールだと思われていたが、第2シーズンで再登場することを期待していた。ディズニーとケビン・フィージがうまくいって、予定されている「パニッシャー」の新シリーズに、おそらくマイクロの敵役として彼女を登場させることを期待したい。いずれにせよ、ホーランのキャリアは(他の脇役のキャリアも含めて)、特にこの番組がきっかけとなって、明るいものになりそうだ。

クロエ・グレース・モレッツはいつも通り素晴らしく、彼女のキャラクターがこの先どうなっていくのか、楽しみでならない。

 

いごっそう612

海外でもかなり評価が高いですね。

 

「ペリフェラル 〜接続された未来〜」のようなAmazonプライムビデオオリジナルドラマは興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう