「LAMB/ラム」恐怖の羊映画、あらすじ、ネタバレ、海外の評価とレビュー!
LAMB/ラム

LAMB/ラム

LAMB/ラム
LAMB/ラム

 

LAMB/ラムは
2021年のアイスランド・スウェーデン
ポーランド合作の映画

山間に住む羊飼いの夫婦イングヴァルとマリア。ある日、二人が羊の出産に立ち会うと、羊ではない何かが産まれてくる。子供を亡くしていた二人は、"アダ"と名付けその存在を育てることにする。奇跡がもたらした"アダ"との家族生活は大きな幸せをもたらすのだが、やがて彼らを破滅へと導いていく…というスリラー映画です。

 

 

監督は
ヴァルディミール・ヨハンソン

 

キャスト

マリア役
ノオミ・ラパス

イングヴァル役
ヒルミル・スナイル・グドゥナソン

ペートゥル役
ビョルン・フリーヌル・ハラルドソン

テレビの男役
イングヴァール・E・シーグルソン

等が出演しています。

いごっそう612

羊の正体は何なのか?がすごく気になっていた映画…想像通りの展開でした。

「LAMB/ラム」あらすじ、ネタバレ

霧に包まれた山間で群れをなす野生の馬たちは、何かが近づいてくる気配を感じ動揺している。その何かは家畜小屋を訪れ、中にいる羊たちを怯えさせる。黒い何かがメスの羊と交尾をしているようだ。

そこで牧羊を営んでいるマリアとイングヴァルの夫婦は、娘を亡くしてから二人きりで静かに暮らしている。ある日、二人は一頭の羊の出産に立ち会う。二人はその姿を見て息をのむ…産まれてきた子羊は頭部から右半身が羊、左半身から下半身が人間という羊人間だった。戸惑う二人だったが…死んだ娘と同じくアダと名付け、大切に育てていく。

ある日、イングヴァルの弟であるペートゥルが仲間に捨てられ、イングヴァルの家に帰って来る。

アダを産んだ母羊は、アダに対する母性が捨てられず、家の周りから離れずに鳴き声を出してアダを頻りに呼ぶ。アダを溺愛するマリアは母羊が疎ましくなり、ついには銃で殺してしまう。

その姿をペートゥルは見ていた。

次の日ペートゥルは、マリアとイングヴァルの夫婦の家に転がり込む、ペートゥルはアダの存在に気付き、不快感を抱く。夫婦はアダと三人で暮らすことに幸福を見出しているにもかかわらずペートゥルはアダを嫌悪し、夫婦が寝ている隙にアダを連れ出して殺そうとする。

しかし、思いとどまったペートゥルはアダとともに帰宅する。それ以来、ペートゥルは愛をもってアダと接するようになる。

ペートゥルはアダとトラクターで遊びに行くが、途中トラクターが壊れてしまい歩いて家に帰ってくる。

その後、三人はハンドボールを観戦して盛り上がり、試合が終わると酒を飲みながらビデオを見る。そのビデオはペートゥルが若かりし頃、バンドのボーカルをしていた際に制作されたミュージック・ビデオだった。三人はダンスに興じ、羽目を外す。その間、外に出ていたアダは、何かが牧羊犬を殺し、母羊を殺した銃を盗んでいく様子を目撃し恐怖する。

一方、疲れたイングヴァルは眠ってしまうが、その隙を狙ってペートゥルはマリアを誘惑する。ペートゥルは拒否するマリアに、母羊を殺すところを見ていたと告げ、そのことをアダに話すと脅し関係を迫る。マリアは屈すると見せかけて、ペートゥルを物置部屋に閉じ込めた。

翌朝、マリアはペートゥルに家を出るように強要しペートゥルをバス停まで送っていき、当面の金をペートゥルに渡す。その間に目覚めたイングヴァルは、故障して置き去りにしたトラクターを修理しにアダを連れて出かける。

帰り道、イングヴァルは何者かに盗まれた銃で首を撃たれ死ぬ。

LAMB/ラム
LAMB/ラム

 

彼を殺したのは、アダの本当の父であり、頭部が羊で体が人間という人時人間だった。

獣人は、イングヴァルの死に涙を流すアダの手を引き、山へ消えていく。

帰宅したマリアは、夫とアダがいないことに気づき探し回った末、血を流して死んでいるイングヴァルを発見する。そしてアダも失ったことを悟り、絶望の淵に突き落とされる。

母羊を殺した復讐だったのだろうか…。

いごっそう612

なんか不思議な映画でしたけど、オチがイマイチ弱いかな?もっとインパクトが欲しかったですね。

「LAMB/ラム」海外の評価とレビュー!

海外での評価はどうなっているのでしょう?

スリラー映画
「LAMB/ラム」の
海外の評価を
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

Lamb (2021) - IMDb
Lamb (2021) - IMDb

 

海外映画サイトIMDbでは

29533人の投票があり
平均評価
6.3点という
微妙な評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
7点です。

投票数8400人で
全体の28.4%が
7点の
評価をしています。

2番目は
6点です!
投票数7315人で
全体の24.8%

3番目は
8点
投票数4276人で
全体の14.5%

いごっそう612

6.7点が全体の53.2%を占めていることから、映画「LAMB/ラム」に対して、普通~まあまあと思っている人が多いようです。

 

海外のレビューも紹介します。

ラムはホラー映画というよりは、ミステリードラマに分類されると思います。私の場合、「謎」はほぼ最初からわかっていたのですが、それでも見る価値はあると思います。テンポは良くないが、よく撮れているし、演技もそれなりだ。ノオミ・ラパスが映画で初めてアイスランド語を話しているのを聞いたのは不思議だった。プロットも奇妙で、少し奇妙だが、悪い意味ではない。おそらく万人受けはしないでしょうが、もしあなたがオープンマインドで、異なるものが好きなら、この作品を楽しむことができるかもしれません。

 

説明できないことがある。そして、たとえ説明できたとしても、完全な説明は得られないのです。一つの疑問に対する答えが得られるだけで、他の疑問がたくさん出てくるのです。ひとつ言えるのは、主人公の二人があることに疑問を持たないように、あなたも疑問を持たないほうがいいということです--起こったこととその意味を描こうとすると、楽しみが減るでしょう。

そう、この映画が演じている世界の中でさえも。台詞は少ないですが、サウンドデザインとカメラワークがそれを補い、映画のテンポを遅くしています。この映画を見るには、その種の映画が好きでなければならない。私はこの映画が何をするのか全く想像がつかなかったので、ある種の衝撃を受けたと言えます。しかし、始まりと終わりを考えれば、納得がいくものです。たとえあなたが別のものを望んだとしても・・・・・・ただ、問いかけを始めないでください・・・・・。

 

これは誰もが満足するような映画ではないでしょう。ですから、もしあなたがこの映画を検討しているならば、万人向けではないことを理解した上で、広い心で臨んでください。

まず最初に、私はこの映画を「ホラー」だとは思っていないことをお伝えしておきます。サスペンス、怪奇、ファンタジックな面はありますが、私にとってはホラーとは言い難いものでした。しかし、ホラー好きの人なら、このシチュエーションはホラーの一線を越えるかもしれません。

カメラワークや演技は素晴らしかったです。舞台は美しく、孤立しているためよく似合っており、孤独で憧れの雰囲気を醸し出すようにうまく撮影されているので、どんなに奇妙でもこのカップルが見つけた幸せが大きくなることに投資させられたのです。いくつかの映画で彼女を見た後、私はノオミ・ラパスがかなり熟練した女優であることを発見したと言わせてください。このようなダークな役柄を上手に演じてくれるので、彼女の演技には満足しています。

CGIについて文句を言う人もいますが、私はかなり良いと思いました。完璧ではないけれど、決してひどくはない。

全体的に、ストーリーは、私が言ったように、ユニークでした。多くの疑問が残されています。もしその気になれば、続編のアイデアで遊べるほどです。しかし、疑問を残したままにしておくことで、私はまだこの作品について考えているのです。

私はそれをチェックアウトすると言います。それは経験でした。

 

ラム この映画はアイスランドの民話をベースにしていますが、監督のヴァルディマール・ヨハンソンが幼少期に祖父母の農場で体験したことにも影響を受けています。マリア(ノオミ・ラパス)とイングヴァル(ヒルミル・スネール・グンドナソン)のカップルは、トラクターを運転することもあれば彼女がすることもあり、農作業を分担することで農場生活のありふれた体験が描かれています。生活は平穏で、彼らは比較的幸福そうに見えるが、多くのことは語られていないようだ。しかし、ラムの冒頭のシーンから奇妙さが漂っている。ある生き物が吹雪の中を荒い息で踏破し、野生のポニーの群れを散らしていく。子羊が窓から小屋に近づいてくるのを見ている。小屋の中に入り、雌羊が乱される。翌日、マリアとイングヴァルは、雌羊が人間と羊の混血児を産むのを目撃し、驚きながらもそれを受け入れる。この映画は、そのようなことが起こる現実を前提にしている。映画の物語は時に石鹸のように展開し、軽快に「エマーデール/グレンローにウェアシープを加えたようなもの」と表現されるかもしれない。しかし、そのような安直な解釈よりもはるかに奇妙な作品である。エイダは知的で、言葉は話せないが、人間の言うことを理解する。不穏なシーンがいくつかあり、強烈な恐怖を感じさせるが、そのほとんどは映画の最後の20分間に発生する。アイスランドの美しい山岳風景を舞台にした魅力的な物語で、農場が隣接する山は、霧の中でその岩山や頂上が不吉に見える

 

この映画の主張には基本的に同意するし、その主張もある程度はタイムリーなのかもしれない。しかし、この映画は中盤に差し掛かると、非常に退屈に感じられるようになる。この映画は、それほど興味深く語られているわけでもなく、また、この映画が意図していたと思われるほど、その主旨やアイデアについての瞑想として伝わってくるわけでもない。私には、この作品は、どこにもない土地で過ごす時間が長すぎた。アイスランド語を理解していれば、もっと理解できたかもしれないが、その点については全く自信がない。また、この映画はホラー映画ではありません。昔の民話のような多少暗い感じはありますが、ほとんどがかなりあからさまで、全く怖くありません。最初のうちはそれなりに楽しんでいたのですが、結局はあまり面白いものを与えてくれません。しかし、中盤以降、この映画の持つ全体的な無目的で陳腐な感じからすると、ここにあるものはあまりに重要でないように思われる。この映画は、中盤以降、全体的に無目的で陳腐な印象を与える。これはもしかしたら素晴らしいショートフィルムになったかもしれない。ただ、長編にするほどの心意気や根性、実質的な中身はないと私は思う。悪くはないのですが、この手の昔話がよほど好きでない限り、読み飛ばした方がいいと思います。私は、考えさせられる作品や、じわじわくる作品が好きなのですが、正直言って、この作品には考えるべきことがそれほど多くありません。見る人の心に火をつけようとするのでしょうが、火をつけるには燃料が足りないし、燃えるものもあまりない。

 

ラムを見終わって映画館から出てきたときは、かなり頭にきていたのに、考え込んでしまうほどだった。見ている最中は、説明不足への戸惑いと、無駄な時間が多いことへの苛立ちを感じていました。緩急はつけられるが、長回しが多く、物語が全く進まない時間が長かったように思う。多くの瞬間がランダムに挿入され、他の出来事との関連性がないように感じられた。必要以上に時間をかけているシーンもあるかもしれませんが、この映画のすべての部分で本当に何かが起こっているのです。多くのことが語られず、大きなギャップを埋めるための微妙なヒントがあるだけなので、最初は混乱した。かなり要求の多い映画ですが、それが不注意だったとは思えません。細部に至るまで意図的であり、ストーリーを盛り上げています。自分一人で全て理解したとは言えないので、終わった後に誰かとディスカッションすることをお勧めします。また、私は、この物語に全く合致しない、非常に特殊な期待を持って臨んでいたので、それが初見に影響しましたが、もう一度見返す価値は絶対にあると感じています。

 

映画「LAMB/ラム」のような
ちょっと怖いスリラー映画は
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう