【ガール・オン・ザ・トレイン】エミリー・ブラントの演技がヤバすぎるΣ(゚Д゚)

人は人を殺したことを忘れられるのか

「プラダを着た悪魔」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラント主演で、世界中でベストセラーとなった小説を映画化したミステリー

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!元ボクサーの一念発起へようこそ!エミリー・ブラント怪演です。
スポンサーリンク

作品情報

ガール・オン・ザ・トレイン

原題:THE GIRL ON THE TRAIN
洋画:ミステリー
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年11月18日
レンタル開始:2017年4月21日
上映時間:112分
公式サイト

あらすじ

夫トム(ジャスティン・セロー)と離婚し、深い悲しみに沈むレイチェル(エミリー・ブラント)。そんな彼女を慰めるのが、かつてトムと暮らしていた家の近所に住む夫婦の仲むつまじい姿だった。通勤電車の窓から二人を眺めてはトムと過ごした日々を思い出す彼女だったが、その夫婦の妻が不倫にふけっている現場を目撃する。次の日、電車を降りて彼らの様子を確かめようとするが、不意に記憶を失ってしまう。やがて自分の部屋で大けがを負った状態で目を覚ましたレイチェルは、その人妻が死体で発見されたのを知るが……。

予告動画

感想とネタバレ

通勤電車の窓から人妻の不倫現場を目撃したのを機に、殺人事件に巻き込まれる女性の姿を追う。という話を観て面白そうと借りました。

メガホンを取るのは、テイト・テイラーです。

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』などのエミリー・ブラント、『ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男』のヘイリー・ベネット

レベッカ・ファーガソンら美女3人が集結しています。

映画ブログ仲間の『映画にロック、マンガで夜更かし』のネジ六さんはちょっと酷評を書いています。

#1220 ガール・オン・ザ・トレイン : 映画にロック、マンガで夜更かし
アメリカ 2016監督 テイト・ティラー原作 ポーラ・ホーキンズベビーシッターを撲殺し、山中に放置した犯人を追うサスペンスなんですが、例によってキャッチコピーは結構なレベルで大げさです。これが「初めて体験する衝撃のラスト」だったら日本の2時間テレビドラマは毎週

この人のレビューは的を得ているので観るのをためらいましたね(^^;

いごっそう612
さて・・僕はどう感じるでしょうね?

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

こういう系好きな人は多い

ガール・オン・ザ・トレイン

原作はポーラ・ホーキンズの小説です。

“イギリス版「ゴーン・ガール」”とも評され世界的なベストセラーとなった作品です。

麻田くん
でも・・ゴーン・ガールとはちょっと違う気がしますね。

全く持ってその通り!なんでゴーンガール持ってきちゃったの?そういやGoogle+のコミュ“映画好き集まれ”でもその様な理由で怒っている人いたな・・

まあ、全然ゴーンガールとは内容被ってないんですけど、雰囲気はけっこう好きな映画です。

いごっそう612
ちょっとわけわかん無い感じがけっこう好きでしたね。

物語は・・けっこうドロドロです。

結婚、離婚、不倫、浮気、DVと・・昼ドラ好きの奥様が喜びそうな展開!!

こういう系はけっこう好きやね。

その話を時系列バラバラで追っていくという展開です。徐々に解き明かされる謎・・

こういう系が好きな人は多いと思います。

エミリー・ブラント怪演!!※ネタバレ

ガール・オン・ザ・トレイン

この映画で一番印象に残ったのは、エミリー・ブラントの演技でしょう。

いごっそう612
これがあのエミリー・ブラントかと驚きました。

エミリー・ブラント オール・ユー・ニード・イズ・キル

麻田くん
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の頃とは全然違いますよね。

【ボーダーライン】にも出てましたよね。色々な演技ができるんだなあと感心です。

【ボーダーライン】メキシコがマジで怖すぎる・・|゚Д゚)))
【ボーダーライン】メキシコがマジで怖すぎる・・|゚Д゚)))
// その善悪に境界はあるのか?「プリズナーズ」のドゥニ・ビルヌーブ監督がのエミリー・ブラントを主演に迎え、アメリカとメキシコの国境地帯で繰...

その、エミリー・ブラント演じるレイチェルはアル中なんですよね、もう本当にどこでもかしこでも酒を飲んでいる、ダメ人間です。

結婚生活が破綻してアルコール依存になっちゃった・・仕事もクビだし何もかもダメ・・そんなダメ人間の狂気を見事に演じていたと思います。

いごっそう612
目が完全に逝っちゃってる・・怖い・・

そんな目が逝っちゃってるダメ人間であるレイチェルのストレス解消は、マンハッタン行きの電車の車窓から見える幸せそうな夫婦を毎日覗き見すること・・

その姿に、幸せだった頃の自分を重ね合わせ、癒やされているのです。

いごっそう612
怖い怖い・・

しかし・・見てしまうのです。

幸せそうな夫婦・・その妻の不倫現場を!?

そしてそれを目撃してしまった為に、事件に巻き込まれていくのです・・・

そして、その事件の謎を解いていくうちにアルコールを飲むのを止めていくレイチェル・・

そうこの映画はレイチェルの復活劇でもある!!

この映画で一番の見どころは、そういう役を見事に演じたエミリー・ブラントの演技だと思います。

でも・・ハッキリ言っちゃうと・・

この女うぜー(‘Д’)

とレイチェルに思ってしまうと思います。エミリー・ブラントの演技は最高ですが、レイチェルのキャラがウザすぎますね(笑)

ヘイリー・ベネットがエロ過ぎるΣ(゚Д゚)

ガール・オン・ザ・トレイン

そしてもう一丁見どころをいうとヘイリー・ベネットのエロでは無いだろうか?

『ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男』

【ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男】夫婦仲が悪い人は観るべき映画
【ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男】夫婦仲が悪い人は観るべき映画
// だれが妻を殺したのか?作家パトリシア・ハイスミスのミステリー小説「妻を殺したかった男」を、「死霊館」のパトリック・ウィルソン主演で映画...

の時も思ったが・・この人

めっちゃ愛人顔だよねぇ~!!

いやいやいや、これは完全な褒め言葉ですよ、ヘイリー・ベネット!マジでセクシー!!

しかも、その夫役がまさかのあの人!!

ガール・オン・ザ・トレイン

ルーク・エバンスです!

いごっそう612
美男美女の夫婦!!

主演級のこの二人をサイドに持ってきています。

レイチェルのウザさをヘイリー・ベネット演じるメガンでカバーする感じです。

ヘイリー・ベネットはマジで必見のエロさなので映画を観てください。

この映画の評価、おすすめ度は?

個人的には面白かったです。でもご都合主義な所も・・アルコールの記憶喪失・・そんなに都合よく行かねえだろうと・・ツッコミどころも満載。

さらにネジ六さんも言われてましたが、やっぱりこいつが犯人か・・と徐々に分かって来てしまう所もマイナス点ですね。

でも、それを差し置いてもそれほど悪くない作品だと思いました。個人的にはこういう系好きなので楽しめましたね!

こういう系の邦画でオススメはやはり『怒り』オススメですね!

【怒り】あなたは観た?映画マニアがヨダレたらして喜ぶ秀作!!
【怒り】あなたは観た?映画マニアがヨダレたらして喜ぶ秀作!!
// 広瀬すずが!?吉田修一の原作を映画化した「悪人」で国内外で高い評価を得た李相日監督が、再び吉田原作の小説を映画化した群像ヒューマン・ミ...

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(3.4)
Yahoo!JAPAN映画:★★★☆☆(3.43)
Filmarks:★★★★☆(3.5)
2017年5月11日時点

まあ、普通の評価ですかね?レイチェルのウザさがマイナスか?

個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度
  (3.5)です!

自分はまあまあ楽しめました。欲を言えばラストにもう一歩欲しかったですね。けっこう良い感じになってるのにもうひと押しが無かったのが残念です。

しかし女性陣の演技は凄かったですね!ヘイリー・ベネットも良かったですが、やはり・・

エミリー・ブラントの怪演が楽しめる映画です!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする!
【ガール・オン・ザ・トレイン】エミリー・ブラントの演技がヤバすぎるΣ(゚Д゚)
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

コメント

  1. レビュアン より:

    エミリー・ブラントは、ボーダーもそうでしたが、独特のリアリティーがありますね。なんか説得力を感じます。m(__)m

    • レビュアンさんへ
      コメントありがとうございます。
      エミリー・ブラント演技上手いですよね、まさかこういう演技もできるとは・・
      かなりウザい女でしたね。

  2. ともちん より:

    こんばんは( ̄▽ ̄)エミリーさんは酒さえ飲まなければ一番まともな人だと思いました。助けに行ったので(笑)すごい演技でしたね~高評価♪

    • ともちんさんへ
      コメントありがとうございます。
      確かに酒さえ飲まなければOKでしたね。エミリー・ブラントの演技は上手いですね(*‘∀‘)

トップへ戻る