イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-
イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

Netflixでスティーブン・キングの小説を映画化したホラー映画が、配信となったんですよ~。こりゃホラーマニアとしては絶対見逃せない作品ッスよね!という訳で早速観てみました!

という訳で、本日ご紹介する映画は
イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-

イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-

イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-

 

「イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-」は、ホラー小説の鬼才スティーブン・キングと、キングの息子ジョー・ヒルによる共著『In the Tall Grass』を原作とした映画作品です。Netflixオリジナル映画として2019年10月4日に配信開始となりました。

原題である『In the Tall Grass』の意味は‥“背の高い草の中”その名の通り、背の高い草の中に入ってしまった事により、とんでもない恐怖に巻き込まれる人々の姿を描いたホラー映画となっています。

 

監督・脚本は1979年の「CUBE」の監督で、「ストレイン 沈黙のエクリプス」や「ウエストワールド」等、最近は映画よりドラマ作っていたヴィンチェンゾ・ナタリ

出演はパトリック・ウィルソン、ライズラ・デ・オリヴェイラ、エイヴリー・ホワイテッド、ハリソン・ギルバートソン。

いごっそう612
パトリック・ウィルソン以外はマイナーな俳優陣ですね。

この映画に5段階評価で点数を付けると

(3.5)

あらすじ

イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-

イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-

カルとベッキーの兄妹は、背の高い草むらの中から助けを求める少年の声を聞き、草が生い茂る広大な草むらの中へ探しに行く。しかし、2人はあっという間に方角を見失い、離れ離れになってしまう。草むらに閉じ込められた彼らは出口を探すうちに、最大の恐怖は”見つかる”ことだと理解して行く‥。

いごっそう612
草むらから出られなくなる、たったそれだけの物語で101分も持つのか?って心配でしたけど、案外飽きずに最後まで観ることができました。

ネタバレと感想

※この先映画本編に出てくるネタバレあり

 

個人的には、そこそこ満足が行くホラー映画でした。内容的にはスティーブン・キングらしい作品という感じがします。

ただ‥この映画は賛否が分かれるでしょう…。

何故なら‥この映画は‥

いごっそう612
出たスティーブン・キングのホラー映画に多いパターン!

 

答えを出さない手法ですから、各々が考えて自分なりの答えを出して行くしか無いのです。

特にこの映画は謎だらけです。

  1. 草むらにはいると出ることができない
  2. 草むらの中は、死んでもまた次の自分が現れるループの世界
  3. 謎のデカイ岩が全ての根源、岩に触ると謎の力を得ると同時にベッキーにお腹の赤ちゃんを狙う
  4. 岩の下は地獄の様な光景
  5. 草男みたいなのが出て来てベッキーを襲う

いごっそう612
全然意味が分かんねー。

 

映画は単純明白、草むらに入ると出ることができなくなります。

イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-

イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-

 

草むらには地面を移動させる能力(小規模なワープ)があるようで、入り込んでしまえば出れなくなってしまうのです。

映画を観てて

いごっそう612
ジャンプして場所を確認したり、肩車したら良いんじゃないか?

 

とか思たんですけど、映画でコレやってました。もちろん出れませんでしたけど‥💦

ただ、肩車作戦は有効みたいです。肩車で草より高くなっていれば、地面を移動させることはできないみたいで、目的地に移動する事ができていました。

いごっそう612
ちなみに、脱出にはこういうヒントがありました。
  1. 肩車して移動したら目的地に行ける
  2. 死んだ者はそこから移動しない
  3. 岩に触ったものはループでどこに移動するかを理解できている

 

まあ、こんなヒントがあっても…結局‥わけわかんねー系の映画です。

 

謎のデカイ岩には絵文字が彫られていて、その絵からはベッキーのお腹の赤ちゃんを生贄にしようとする事が推測できましたが、結局草むらの正体など答えなど怪物の正体を見せずに終わってしまいました。ホラーとしては満足度は低いかもしれません。

いごっそう612
あの岩と草むらは何だったんだ‥

 

ただ!この映画メッセージ性はありましたね。

草むらの中で永遠と訪れるループは、何かしらの失敗をしているために起こっている様な演出があります。

何度も草むらに入り、そして死に、また生き、繰り返す‥考えただけでも恐ろしい‥。

永遠と繰り返される失敗によって草むらのループから逃れることができないのです。

 

そのループから最後は脱出するのですが、それはトラビスの犠牲があってのものでした。

 

トラビスとベッキーは恋人同士で、ベッキーが妊娠した時、トラビスは堕胎を希望していました。

そして、ベッキーは産んで育てる自信が無い為に、子供を養子にしようとしていたのです。

 

しかし、ラストは全く違った答えを二人は出します。

トラビスは自らを犠牲とし、ベッキーや子供を救う為にトービンをループから脱出させます。

脱出したトービンは、ベッキーが草むらに入らない様に必死で止め、草むらに入りことを止めたベッキーは車に戻り、子供を養子に出すことを止め、自ら育てる決意をします。

 

このシーンで思ったのが、間違いにより永遠と繰り返されるループ、そして今回の間違いはトラビスの父としての行動、ベッキーの母としての行動です。

その負のループから脱出するためには、間違いを修正する必要があったのではないでしょうか?

いごっそう612
キングのメッセージが伝わって来たように思います。

 

ロス(パトリック・ウィルソン)とナタリー(レイチェル・ウィルソン)の夫婦も何かしらの、子供に対する間違いがあったのかも知れません…。

ただ‥二人は修正できずに死んでしまいましたが‥。

そう考えると、あの岩は子供を大事にしない人間に対する罰を与える存在なのかも知れませんね。

色々考えられる深い映画です。

いごっそう612
この映画に対する明確な答えを導き出した人は、コメント欄に答え(ネタバレ)を記入してください。

 

そうそう最後に…パトリック・ウィルソンがめっちゃ怖かったです。

イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路- パトリック・ウィルソン

イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路- パトリック・ウィルソン

いごっそう612
「シャイニング」のジャック・ニコルソンみたいな感じでマジで怖い…。

 

やっぱ一番良い演技をしてましたね。

Netflixで配信されるスティーブン・キング原作のオリジナル映画は、けっこう当たりの気がします。

この映画の海外の評価

「イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-」の海外の評価はどうなっているのでしょう?海外映画サイトIMDbを調べてみました。

In the Tall Grass (2019) - IMDb

In the Tall Grass (2019) – IMDb

いごっそう612
10段階中、5.8点という評価…けっこう低いっスね💦

 

海外ではあまり人気が無い様です。

予告編

いごっそう612
「イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-」はNetflixでのみ観ることができます。
こちらも読まれています。
コメント一覧
  1. ダメうさぎ より:

    パトリック・ウィルソンは、「死霊館」シリーズとか「インシディアス」でも演技はすごいですよね

    2枚目俳優なのに、怖いw

    スティーヴン・キングは好きな作家です。

    彼のドラマや映画の中では、明確な答えは無いのが多いですよね 

    そして、わかりずらい!ってのもあるのですが、そこがマニアには

    面白いんですよねw

    Netflixのオリジナルなんですねー

    • ダメうさぎさんへ
      コメントありがとうございます。
      パトリック・ウィルソン…なんかホラー映画のイメージついちゃいましたね。
      でも、彼の演じる役は怖い‥この映画の役柄もマジで怖かった‥。

      Netflixオリジナル映画です。
      同じくスティーヴン・キング作品のオリジナル作品に「1922」という映画があるのですが、こちらもオススメです。
      トウモロコシ畑、背の高い草むら…怖いですね

  2. すずめ より:

    初めまして、今更ですが書かせていただきました。

    黒い岩の正体は迷惑な神様で草達はその信者に思えました。
    目を付けたグループをより良い方向に導く代わりに、強制的にお布施として失敗したときに発生した死体を草達の養分として頂く。
    草達はお腹の赤ちゃんを食べたがっていたので、宇宙人が栄養を得るために地球の神様の真似をして宇宙人なりに良心的に事を起こしてたかも。
    死んだ者は動かせないとは言っていたが吸収は出来るのでは?
    最後認められたので、トビーは近くにあった古ぼけた教会の開かずの部屋に出現してループの切っ掛けを阻止することが出来た。
    トビーが開かずの扉から出てきた時、その時両親と一緒にいたトビーは消えてしまい残ったトビーが家に戻り一家を良い方に導いていく、気がします。
    とてつもなく酷い目にあいましたが、その後はそれぞれが良い方向に向かう制作側は考えているのではないでしょうか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連キーワード

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう