「呪詛」Netflix映画、基となった台湾の実話事件‥海外の評価とレビュー!
呪詛 netflix

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

実話を基にした
台湾史上最も怖い映画が
Netflixで配信開始
呪詛

呪詛

呪詛

 

呪詛
原題:咒
英題:Incantation (2022) は
2022年の台湾映画

 

宗教上のタブーを破り、呪いをかけられたリールォナン…彼女は今‥自分の行いがもたらす結果から娘を守らなければならない‥。実話を基にした台湾ホラー映画です。

 

 

Netflixオリジナル映画として
2022年7月8日配信開始

 

キャスト

ツァイ・ガンユエン
ホアン・シンティン
ガオ・インシュアン
ショーン・リン
阿Q

等が出演しています。

いごっそう612
実話を基にした台湾映画…これは興味深いですね。

 

映画「呪詛」の基となった実話

Netflix「呪詛」は、台湾の高雄に住むカルト崇拝者の家族が関わる実話に触発されて作られています。

 

その基となった実話は、2005年に台湾南部に位置する台湾の直轄市である高雄市で暮らしていた6人家族が、それぞれ異なる神に憑依され、互いに相手を悪霊と罵りあい殺人事件まで発展した集団憑依事件です。

 

事件の基となった実話

2005年4月11日午後、高雄市亀山に住む呉姓の男性は、滅多に交流のない隣人に慌てて声をかけ、救急車を呼ぶのを手伝ってほしいと頼み、慌ててその場を立ち去りました。

事件から数日後、ようやく呉さんの父親ら5人が供述に現れましたが、彼らの話は警察にとってまったく信じがたいものでした。

病院に運ばれた被害者は打撲傷を負い、口、食道、胃に糞便が付着していたのです。

呉さんの父親は、事件の2カ月前、幼い娘が第三皇子に憑依されたと主張し、両親に「台北の姉が危ないから、一刻も早く故郷に帰らなければ、白髪が消えるのを待つしかない!」と言ったと警察に話しています。 なんのこっちゃですよね。しかし、呉夫妻は、あえてそれを軽視せず、すぐに長女を連れ帰るために北上しました。 帰宅した長女に電話がかかってきて、変わり果てた姿になりました。

 

霊媒師を呼び、霊媒師は長女に何か悪いものが憑いている言いました。父親は悪いものを追い払うように頼みましたが、彼と妻、4人の子供たちは、玉皇大帝、皇太后、観音、七仙、第三皇子、観音に憑依され、人生に深刻な影響を及ぼしたのです。

呉一家の事件は、あまりに奇怪なため、今年3月に公開された「呪詛」という映画にもなっている。

 

その後、呉の父は魔術師に頼んで家を訪れ、風水を読んでお守りを引き、お守りを燃やして灰にし、家族が飲む水を作るようにと言った。 しかし…その水を飲んだ後、その家族はさらにおかしくなりました。

最初は塩や米を振りかけて悪魔を追い出そうとしましたが、後には小便や糞尿までかけあうようになった。 同年4月9日、長女がベッドの上で死んでいるのが兄弟に発見されたが、兄弟は死んだのは姉ではなく、悪霊が取り憑いたのだと思ったという。

5人は車を降りてから、長女が死んでいるのを発見した。 4月11日になって、呉さんの父親は長女がまだ反応しないので心配になり、近所の人に助けを求めた。

5人は悪霊のせいにしたが、医師は5人に精神疾患はないと判断し、検察は死因究明のために遺棄致死罪で起訴した。

しかし、裁判所は、呉さんの死因は臓器不全であり、外的要因とは無関係と判断し、5人を無罪とした。 この事件はあまりに奇怪なため、「呪い」という映画にもなり、今年3月に公開されて興行収入1億7000万ドルを記録した。

 

参考
【「呪い」の実事件】6人家族6人の長女、悪霊の長女が悲劇的に亡くなった

 

いごっそう612
映画と実話は少し違うみたいですね。

 

ネタバレになりますが、映画で描かれるのは

6年前にカルト教団に潜入取材した妊娠女性が呪いにかかり、呪いのかかった我が子を守ろうとする姿を描いた作品です。

カルト、憑依とか実話と似たような部分はありますが、映画で描かれていることは実はとだいぶ剥離しています。

「呪詛」ネタバレを読みたい人はこちらどうぞ!

ホーホッシオンイー
シーセンウーマ
という呪文を唱えるように再々出て来ますが、この意味は
〈自らの名前を捧げて共に呪いを受ける〉
と言う意味です。
仏母の呪いを他人に分ける呪文です。
呪いを受ける人が多くなればなるほど、呪いの影響力が弱まるために、周りを巻き込む呪文です。
「呪詛」の中では、主人公が呪いを弱め娘を守るために、視聴者側に呪文を唱えるように促していました。
ラストにネタバレが出ます。

仏母の呪いは顔に一番出ます。
呪いがかかった人は自らの顔を潰して死んでいきました。

「呪詛」海外の評価とレビュー

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflixオリジナル映画
「呪詛」の
海外の評価
海外映画サイトIMDb
調べてみました!

Incantation (2022) - IMDb

Incantation (2022) - IMDb

 

海外映画サイト
281人の投票があり

平均点が
10点満点で
7.5点という
そこそこ良い評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
8点です。

投票数84人で
全体の29.9%
を占めています。

次に多いのは
7点
53人で
全体の18.9%

3番目に多いのが
9点
49人で
全体の17.4%

4番目は
10点満点
45人
全体の16.0%

7点~10点が
全体の82.2%以上を占め

映画「呪詛」に対しては
面白い~最高と思っている人が多いようです。

いごっそう612
海外のレビューも紹介します。

 

間違いなく、今まで見た中で一番怖い映画です。映画全体を通してホラーで、休む暇もありません。この映画が大好きです。

 

映画が始まるやいなや、観客を参加させ、その状況に引きずり込んでいく。

この映画の騒動に半信半疑で、一人で見に行ったのだが、これはお勧めできない。

この映画には、ホラー映画としてあるべき全ての要素が詰まっている。ストーリー、環境、効果音、キャスティング、雷。監督、キャスト、スタッフの見事な仕事ぶり。

怖い思いをしたホラーはこの作品だけです。

台湾にいる幸運な人は、英語字幕付きで、パンデミックが悪化する中、まだ劇場が開いているうちに観に行くことをお勧めします。

言葉では言い表せないほどの恐怖があなたを襲います。

ブレア・ウィッチ・プロジェクト』が公開されて以来、ホラー系のモキュメンタリーが隆盛を極めたが、大ヒットとなった作品は少なく、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』のスピンオフ作品でも人々の関心を引くことはできなかった。これは、観客が同じ創作手法を何度も見てしまったという創作疲労と関係があるのかもしれない。さらに、インターネットの普及も、昔ながらの宣伝に説得力を失わせる。

ホラー系のモキュメンタリーは怖くない?台湾のある映画監督は、神への本質的な恐怖が、幻滅した現代社会にもまだ存在することを発見しました。金や権力を渇望する人々が神や悪魔と取引するや否や、借金を返さなければ呪われると恐れるようになるのです。この知識をもとに、映画の撮影は、観客の宗教的な確信や不信を引き伸ばすことで、観客を操るという斬新な手法を用いたのです。最新の台湾のモキュメンタリーでは、精神的な問題と過去の秘密が原因で5年間子供と別居している主人公の李汝仁が観客にメッセージを送っていた。自暴自棄になった母親は、いくつかのビデオを撮影し、子供のために祈ることで彼らを助けられる人はいないかと尋ねた。リーが観客に語った呪文は、祈りではなく、それを口にした者、あるいはそれを考えた者を呪うものだった。観客はその依頼を受け入れると、やがて台湾の観客の神に対する深い恐怖心を目覚めさせるために仕掛けた監督の罠にはまることになる。台湾の新しいホラー映画『呪詛』では、観客との対話という要素が加わり、ホラー映画ファンにとって新鮮な息吹を吹き込んでいる。目を閉じずに主人公からのメッセージを読み解くシーンでは、何の準備もなく怖いシーンが観客を迎えてくれた。私から見ると、この映画が大ヒットした理由は、主人公の意図の仮装にある。依頼の裏にある本当のメッセージは、観た人に呪いを分け与えようとするもので、その悪魔的なメッセージの薄気味悪さは、ようやく李の悪意を理解した人々にも、いまだつきまとっている。この「作為」は、1998年の有名な日本映画『リング』でも、ビデオテープを見て呪いを共有しなかった者は7日後に死ぬという内容で使われている。

ブレア・ウィッチ・プロジェクト」は今でも反響を呼んでいますが、現在、多くのホラー映画の監督や脚本家が、人々を厳しく怖がらせることができる新しいアイデアを出そうと苦心しています。大体、台湾の新しいホラーモキュメンタリー『呪詛』は、よくあるホラーモキュメンタリーのクリシェから這い上がり、2022年の最も怖い映画にノミネートされる準備が整っていると思うのです。

いごっそう612
なかなか高評価レビューですね!
こちらも読まれています。
コメント一覧
  1. りこぴん より:

    呪詛、斬新でした!
    怖さは、この禍々しさや得体の知れなさをどう受け止めるか、土着信仰を「ある」と思うのか「迷信」と思うのかにもよると思いますが…
    私はとにかく不穏な空気と、後半呪詛を観客にかけてくるような演出にゾワッとしました。

    リングでもあったように、母が子を思う気持ちは倫理感を飛び越えてきますが、その親子愛(父も含めて)が作品をより絶望的なものにしている気がして、見終わったあとはどっと疲れました…

    ホラー映画お好きな方ならぜひ観てほしいです。
    心が元気なときに笑

    • りこぴんさんへ
      コメントありがとうございます
      怖かったですねー。
      何か古い様な新しい様な、斬新なPOV作品で楽しめました。
      実話と物語に剥離がありましたが、色々考えらされて良かったです。

  2. ネダ より:

    お久しぶりです。
    昨日、鑑賞しました。
    個人的には…結構コケたかも…です。
    期待度が高すぎたのかなあ。

    斬新度はまああるけど、もう少し丁寧に作ってくれたら凄そうだったかも。
    時系列がよく分からんのは…最後に繋がるんだな?とか、伏線が少し見えすぎたか。
    個人的に、一番の問題はその伏線の回収で、母親が実は既に知ってたみたいなオチが少し乱暴だったかなあ。
    え!?なんでここにアンタ映ってるの? え?これいつ!? みたいな…結構意味分からなくておいてけぼりになった人もいたのではと…。

    台湾のホラーって中々優秀で、映画やドラマに加えてゲームもいいのあるんですよね〜。

    面白かったのは、冒頭(あの紋章の形を必死に覚えた 呪文は無理 笑)と、村の民俗信仰みたいな祭りですね。
    日本にも同じような奇祭は残っているので、昔仕事で少し関わった者としては懐かしいものがありました。

    大黒天は日本だと七福神とか大国主命だったりするんですが、あちらだとシヴァ神とかになっちゃうんだろうなあ。

    • ネダさんへ
      コメントありがとうございます。
      そうですね、話題性の割にはそれほどでは無かった気がします。
      おっしゃるようにもう一歩欲しかったですね~。

  3. 匿名さん より:

    あの...Netflixで見たんですけど呪詛って本物なんですか?
    最後のところも見てしまいました....見なければよかったと後悔しています...

    • 実話にインスパイアされて作っていますが、この映画自体は事実ではありません。大丈夫ですよ。

    • ネダ より:

      いごっそうさんのおっしゃる通り、事実ではなくフィクションですので、ご安心下さい。

      “そう”思わせる制作手法なんです(^^)。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連キーワード

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう