「マルナシドス -ゾンビの谷-」あらすじ、ネタバレ、海外の評価とレビュー!

Netflixでまたしても
ゾンビ映画が配信開始

マルナシドス -ゾンビの谷-

マルナシドス -ゾンビの谷-

マルナシドス -ゾンビの谷-

 

マルナシドス -ゾンビの谷-
原題:Malnazidos は
2020年のスペイン映画

スペイン内戦中、敵味方に分かれて戦っていた兵士たちが、ナチスの実験によって生み出された人食いゾンビと協力して戦うことになる戦争ゾンビ映画です。

 

 

Netflixオリジナル映画として
2022年7月11日配信開始

 

監督は
ハビエル・ルイス・カルデラ
アルベルト・デ・トロ

キャスト

ミキ・エスパルベ
アウラ・ガリード
ルイス・カイェホ
アルバーロ・セルバンテス
ヘスス・カロッツァ
ダフニス・バルドゥス
セルヒオ・トリコ
マネル・ユネル
モアド・ガソアン
マリア・ボット

等が出演しています。

いごっそう612
Netflixオリジナルのスペイン映画は評判がいい作品がけっこうあります。
「マルナシドス -ゾンビの谷-」はどうですか?

 

マルナシドス -ゾンビの谷-:あらすじ、ネタバレ

スペイン内戦…数ヶ月に及ぶ血生臭い戦闘で、塹壕では何千人もの死者が出ている。第5旅団の隊長ヤン・ロサノは、森の中で共和国軍の集団に囲まれ、若い兵士とともに捕虜となる。死の宣告から逃れる唯一のチャンスは、敵陣で不可能なミッションに立ち向かうことしかない。しかし、予想以上に大きな危機が、未知の敵に対して敵対する側が団結せざるを得なくなる。互いの憎しみを捨て、ゾンビにならないように感染しないようにしなければならない。

マルナシドス -ゾンビの谷-:海外の評価とレビュー

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflixオリジナル映画
「マルナシドス -ゾンビの谷-」の
海外の評価
海外映画サイトIMDb
調べてみました!

Malnazidos (2020) - IMDb

Malnazidos (2020) - IMDb

 

海外映画サイト
IMDbでは
275人の投票があり

平均点が
10点満点で
6.0点という
微妙な評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
6点です。

投票数59人で
全体の21.5%

次に多いのは僅差で
7点
投票数53人で
全体の19.3%

3番目に多いのは
満点の
10点
45人で
全体の16.4%

4番目は
5点
37人
全体の13.5%

10点満点をつけたユーザーも多いのですが
5点~7点に集中しています。

いごっそう612
海外での評価は芳しくないようですね。

 

海外のレビューを紹介します。

 

インディ・ジョーンズの冒険や、ゾンビものの古典中の古典である『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の流れを汲む、愛すべきイベリア版ゾンビとナチスの物語だ。

 

格別なゾンビの饗宴。

 

この映画には持って行き場がない。悪いというか、全然面白くないし、登場人物に笑顔の一つもないし、最悪、楽しませてくれない。もう、期待薄で臨んだのですが、まさかこんなくだらないことになるとは...。昔、『イングロリアス・バスターズ』を見て、ゾンビを戦争に登場させるという素晴らしいアイデアを思いついたのでしょう。
この場合、スペイン内戦で、彼らは不条理でばかげた肖像画を作る。

 

この映画は、ゾンビの悲喜劇が与えることのできるほとんどすべてのものを与えてくれる。おそらく、良いエンディングを迎えるための強力なサウンドトラックが不足しているのでしょう。おそらく、もう少しエンディングを伸ばしたり、プロットを工夫したりしたのでしょうが、ゾンビのテーマではそれ以上のものは得られません。ファンタジーの中にもっともらしい筋書きがあって、飽きさせず、笑わせるエンターテインメントを保証します。ちょっと物足りないが、なかなかいい仕事をしているし、むしろ優しい平和主義的なメッセージもある。

 

 

未開の地でのスペルペンチカなビジョン。死ななかった人は見殺しにされた、という終わり方も悪くないパロディです。
ドラマの中のお調子者、コメディー調がうまく紡がれていて、役者も素晴らしいです。
アウラ・ガリード、マリア・ボット、ミキ・エスパルベ、ルイス・カジェホ(いつも効果的)、マネル・ルネルは素晴らしい。

ストーリーはシンプルだが、よくできている。結果が予想できる独創的な提案。このようなユートピア的で善意の同盟を楽しくさせてくれる。本当の敵がゾンビだったら。あるいは、結果的にそうなってしまったことのメタファーかもしれませんね。一番いいのは、間違いなく役者さんたちです。

 

南北戦争という珍しい舞台で繰り広げられる、スペインのエンターテインメント・ゾンビ映画。

特撮はとても良いですね。テンポが良く、アクションも豊富で楽しい映画です。

登場人物は、戦争で戦った各タイプの人物(ファランギスト、政治委員、ロシア人、尼僧、ムーア人...)を戯画化したものだ。

この作品は、明らかに両陣営に対して融和的である(戦時中を舞台とした他のスペイン映画と同様)。

深みや素晴らしい脚本を期待せずに観れば、きっと楽しめるはずです。

 

いごっそう612
海外のレビューはわりかし好意的に書いているような気がします。

 

 

マルナシドス -ゾンビの谷-と同じく
Netflixオリジナル映画は
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう