「カーター」Netflix、あらすじ、ネタバレ、海外評価とレビュー!

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

Netflixで興味深い韓国映画が配信開始
カーター

カーター Netflix

カーター Netflix

 

カーター
原題:카터
英題:Carter は
2022年の韓国映画

失われた一切の記憶‥耳に取り付けられた装置から聞こえる謎の声、自分が何者かもわからないまま、命がけの任務に挑むことを余儀なくされたエージェント、"カーター"を巡るアクション映画です。

 

 

Netflixオリジナル映画として
2022年8月5日配信開始

 

監督&脚本は
チョン・ビョンギル

キャスト

カーター役に
チュウォン

イ・ソンジェ
チョン・ソリ
キム・ボミン
チョン・ヘギュン

等が出演しています。

 

あらすじ、ネタバレ

カーターは、非武装地帯から発生した致命的なパンデミックが、すでにアメリカと北朝鮮を荒廃させる2ヶ月前に目を覚ます。武装した集団に取り囲まれたカーターは、頭の中で声が聞こえる。声の主の女性は自身が朝鮮労働党のハン・ジョンヒであると名乗り、血液がDMZウイルス(感染すると身体能力が向上して暴走し、13日以内に死亡する前代未聞のウイルス変異株)の治療薬となり得るチョン博士の娘のハナをCIAの秘密組織「A9」から守り北朝鮮へ送ると言う任務をカーターに命じます。口の中にある致死性の爆弾、そして耳元で聞こえる声、頭の後ろの十字傷。自分の過去を全く覚えていないカーターは、CIAと北朝鮮のクーデター、そしてヤクザと戦いながら、謎の作戦に投入されることになる。

いごっそう612
とにかくアクションと映像が斬新で凄いです。
ツッコミどころは満載ですが、飽きずには観れると思います。

海外の評価とレビュー!

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflix映画
「カーター」の
海外の評価
海外映画サイトIMDb
調べてみました!

Carter (2022) - IMDb

Carter (2022) - IMDb

 

海外映画サイト
IMDbでは
3066人の投票があり

平均点が
10点満点で
5.2点という
低い評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
5点です。

投票数468人で
全体の15.3%
を占めています。

2番目に多いのが
6点

投票数452人で
全体の15.3%を占めています。

3番目は
1点
投票数355人で
全体の11.6%

4番目は
最低点の7点
投票数347人で
全体の11.3%

いごっそう612
なかなかまばらな評価になっています。
賛否両論…これは観てみるしかない!
映像とアクションを楽しむか?内容を重視して楽しみたいかで評価が分かれそうです。
海外のレビューも紹介します。

 

海外のレビュー

この作品では、野心的でありながらどこか二番煎じ的な殴り合い、銃撃戦、カーチェイス、飛行機事故などが、吐き気を催すようなニトロを含んだドローンで撮影され、永遠に尾を引いているように見えるのだ。その結果、ウォンの狂気じみた肉体的演技に支えられても、アクションの多くは無重力とシミュレーションのように感じられる。

カーターは、物理法則が単なる暗示に過ぎない主人公であり、その劇的な動機は、ビデオゲームのカットシーンのように、パンチアップの間に取るに足らないビットプレーヤーによって匙加減される。

悪女』(2017)を作ったチョン・ビョンギルへのリスペクトを込めて、1回観てみてください。

 

『カーター』は非常に野心的な映画で、全編が「一本」で撮影されています。時々、カットが目につきやすいのですが、その努力は評価できます。カメラワークが素晴らしく、プロットはこの映画のアクションの影に隠れてしまいましたが、この映画を見る主な理由はアクションのためであり、それは絶対に実現されています。映画監督として、この映画の制作に携わったチーム全員に賛辞を送りたい。この映画を制作し、撮影するのが簡単ではなかったことは明らかだ。

 

私はこの映画が良いものであってほしかった。しかし、この映画はCGIが過剰だった。カメラワークも編集もバラバラ。韓国のアクション映画は、「Man From Nowhere」、「I Saw the Devil」、「Oldboy」のように、実用的なエフェクトを使い続けて欲しい。

 

このような終わり方は本当に残念で、役者はもっと良い演出ができるはずです。それは、ビデオゲームをプレイせずに見ているようなものでした。映画の序盤は良かったのですが、CGIを多用しすぎて、本当に残念でした。

 

この映画はクリエイティブでオリジナルだ。ストーリーは素晴らしく、おそらくcovid-19や陰謀の理論にインスパイアされているのだろう。台詞は少し幼稚なところがある。でも、この映画には素晴らしいシーンがいくつもある。私はこのようなものを見たことがないし、おそらくもう二度と見ることはないだろう。特にエンディングでは、まるでコンピュータゲームのように見えることがある。

 

この映画は、良い意味ではなく、ばかばかしい。CIA、記憶の消去、北朝鮮と韓国の紛争、歯に詰めた爆弾、ゾンビの疫病(あまりにも野心的なストーリーの中で、ずさんでマイナーな要素でしかない)、そして真ん中にはさまれたのは、任務を遂行するために整形手術を受けて記憶を消したCIAエージェントか?プロットは泥沼で、説明のひとつひとつが長く、少なくとも3回は説明されるのはしょうがないことである。この映画は1時間短くできたはずで、特に「ワンテイク」で撮影されるのであれば、カムの動きは決して止まらない。ストーリーは筋書きの邪魔をし、特殊効果は耳障りで、撮影は吐き気を催させる。控えめに言っても、この作品は荒削りでした。

 

この映画は、まるでFPSのビデオゲームのシーンのようだ。

アクションは多いのですが、カメラワークが最悪で乗り物酔いしてしまいそうです。カメラは手ぶれ補正がないのか、常にパンかスピンのように動いている。視点が一定しておらず、誰かが話していても2秒以上何かに集中することはない。

ストーリーも面白みがなく、少々強引で非現実的です。

 

いごっそう612
CGIが過剰という意見が多いようです💦
何も考えずにアクションを楽しむ映画としてなら楽しめるようです。

 

 

Netflixオリジナルドラマは
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう