「ハリガン氏の電話」あらすじ、ネタバレ、海外の評価とレビュー!
ハリガン氏の電話

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

ハリガン氏の電話

ハリガン氏の電話

ハリガン氏の電話

 

ハリガン氏の電話
原題:Mr. Harrigan's Phone は
2022年のアメリカ映画

スティーヴン・キングの小説「If It Bleeds」を原作とした
少年の心の成長を描いた物語

 

 

Netflixオリジナル映画として
2022年10月5日配信開始

 

監督は
ジョン・リー・ハンコック

 

キャスト

クレイグ役
ジェイデン・マーテル

ハリガン氏役
ドナルド・サザーランド

ハートさん役
カービー・ハウエル=バプティスト

クレイグの父役
ジョー・ティペット

ケニー・ヤンコビッチ役
サイラス・アーノルド

コリン・オブライエン
トーマス・フランシス・マーフ
ペギー・J・スコット

等が出演しています。

いごっそう612

スティーヴン・キングの小説原作というだけでも観たくなりますね。

 

あらすじ、ネタバレ

小さな町に住む少年クレイグ (ジェイデン・マーテル) は、世捨て人のように暮らす大金持ちの老人ハリガン氏 (ドナルド・サザーランド) と友達になります。あまり似つかわしくない2人を結びつけたのは、本と読書を愛する気持ちでした。クレイグは週3回本の読み聞かせのバイトに行き、iPhoneをハリガン氏にプレゼントします。ところが、ハリガン氏は心臓病で亡くなってしまいます。悲しみに暮れるクレイグは葬式の時にiPhoneをハリガン氏の棺に入れました。クレイグがハリガン氏のiPhoneに電話をすると不思議なことにテキストメッセージが返ってきます。お墓の中にいるはずの友人とスマートフォンを使って通信できることに気付き、人の死後もすべてが失われてしまうわけではないと思い始めます。神秘的な体験を通じて、失われることのない心のきずなと、少年の成長を描く物語です。

海外の評価とレビュー!

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflixオリジナルドラマ
「皇妃エリザベート」の
海外の評価を
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

Mr. Harrigan's Phone (2022) - IMDb

Mr. Harrigan's Phone (2022) - IMDb

 

海外映画サイト
IMDbでは
2051人の投票があり

平均点が
10点満点で
6.0点という
微妙な評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
6点です。

投票数497人で
全体の24.2%が
6点の評価をしています。

2番目は
7点
投票数402人
全体の19.6%

3番目は
5点
投票数312人
全体の15.2%

5~7点の
評価が集中していることから
Netflixオリジナル映画
「ハリガン氏の電話」
の海外の評価は微妙~まあまあ
と評価されているようです。

いごっそう612

可もなく不可もなくって感じですね。

 

海外のレビューも紹介します。

スティーブン・キングにインスパイアされた映画が公開されるたびに、神々は息をのむ。有名な作家は、メディアの歴史の中で最高の映画の多くを担当しています. 彼はそれらが適応された方法を常に好んでいたわけではありませんが、何世代にもわたるストーリーテラーや作家に影響を与えてきました. 同時に、彼の話のいくつかは、完全に悪い、笑える映画にさえつながっています。今週、Netflix はHarrigan氏の電話をリリースします。これは、彼の作品に基づいた最新の適応です。残念ながら、落ち着いた映画は、恐怖や教訓をほとんど提供しません。実際、ほとんど何も起こりません。

 

文学鑑賞の物語として、『Mr.Harrigan's Phone』がページから画面への変換でつまずいたのは、おそらく適切なことだったのだろう。スティーブン・キングの小説を映画化した本作は、雰囲気のある演出はあるものの、テクノロジーの行き過ぎた進歩に対する老人の怒りと、オンライン・プライバシーに関する警告の中間のような、薄いが興味をそそる前提を広げており、一貫したサスペンスや説得力のあるミステリーはあまり得られない。

 

私は昔からスティーブン・キングの小説のファンで、過去には "スタンド・バイ・ミー"、"ショーシャンクの空に"、"ミスト "など、素晴らしい映画になったものもある。ホラーの巨匠が2020年に発表した『イフ・イット・ブリーズ』の冒頭には、"ハリガンさんの電話 "という素晴らしい小さなゴーストストーリーが収録されている。"ルーキー""ブラインドサイド "のジョン・リー・ハンコックが、Netflixオリジナルホラー映画として制作した作品である。彼はそれらの映画の切実さをキングの怪談に持ち込み、このプロジェクトに不適切な映画監督であることを証明している。「ハリガン氏の電話』には悪意が必要だったが、ハンコックはそれを排除し、テクノロジーへの依存についての露骨な解説に終始している。それは、スマートフォンを持つ気がない理由を説いてくる親戚の老人と同じくらい、親密そうに聞こえる。ハンコックが脚本も手がけたこの作品は、盛り上がるまでに時間がかかり、ようやくたどり着いた復讐という暗いテーマをほとんど恐れているように見える。偉大なるドナルド・サザーランドの初期の魅力的な演技と、ジェイデン・マーテルの一貫した地に足の着いた演技が、『ハリガン氏の電話』を完全に破綻させないようにしているが、この作品はボイスメールに送信したくなることだろう。

 

Netflixの『Mr.Harrigan's Phone』は、ジョン・リー・ハンコックが監督・脚本を務め、ジェイデン・マーテルとドナルド・サザーランドが出演する田舎町のホラー映画です。スティーブン・キングの短編小説が原作で、クレイグ(ジェイデン・マーテル)はハリガン氏(ドナルド・サザーランド)のもとで働いているが、ハリガン氏が亡くなり、クレイグは彼からメールを受け取る。緊迫したシーンや不安な瞬間があるにもかかわらず、ここには十分な恐怖がない。演出のおかげで、『Mr.Harrigan's Phone』は不気味な映画としてスタートするが、ホラー要素や青春物語へのフォローに欠ける。

 

 

いごっそう612

あんまり良いレビューは無いですね💦

 

 

「ハリガン氏の電話」のような
Netflixオリジナル映画は
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう