サメがすぐそこにいます・・岸まで泳げます?

そんな感じの、サメと人間のサバイバル映画です。

テレビシリーズ「ゴシップガール」のブレイク・ライブリーが、周囲に誰もいない秘境の島で突然、人喰いサメにと対峙するサーファーを演じています。

いごっそう612
この話が実話だったら…

作品情報

ロスト・バケーション

原題:THE SHALLOWS
洋画:サバイバル・サスペンス
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年7月23日
レンタル開始:2016年11月23日
上映時間:90分
公式サイト

あらすじ

休暇で秘境のビーチに来た医者のナンシー(ブレイク・ライヴリー)は、サーフィンを楽しんでいた最中に脚を負傷する。何とか近くの岩場にたどり着いたものの、ナンシーの存在に気が付いたサメが周囲を旋回していた。海岸までおよそ200メートルだが、その岩場が満潮で海面下に沈むまであと100分。危機的な状況に追い込まれたナンシーは……。

予告動画

キャストはこいつら!

この映画を観るうえで知っておいた方が良いキャストを紹介します。

ナンシー(ブレイク・ライブリー)

ロスト・バケーション

サーファーであり医学生であり、美人でスタイルが良いという女性に嫌われそうな主人公ナンシー・・

秘境の島に訪れ、美しい島でサーフィンを堪能!それは最高のバケーションになるはずでした・・

でも・・

とんかくサーフィンしている姿はエロい・・エロすぎる・・

このエロすぎる主人公を演じるのはブレイク・ライブリー!1987年8月25日生まれの29歳です。

テレビシリーズ『ゴシップガール』のセリーナ・ヴァンダーウッドセン役でブレイクし有名になった

ライアン・レイノルズ ブレイク・ライブリー

旦那は「デッドプール」のライアン・レイノルズ

 

人食い鮫(ホホジロザメ)

ロスト・バケーション

この映画を恐怖に陥れる存在!そんなにデカくないじゃんと思っていたら・・けっこうデカくて驚きます。

ホホジロザメという種類らしい。このデッカイ歯に食われたら・・マジで痛い!

ロスト・バケーション

カスっただけで・・こんなになっちゃいます。

いごっそう612
この二人(一人と一匹)を覚えておけばこの映画は楽しめます。

実話映画?

ロスト・バケーション

ちょっとリアルなストーリー、もしかして…この映画‥実話!?

と思い調べてみました。

13歳のときサーフィン中に、サメに襲われで左腕を失い‥そこから不屈の精神で復活を遂げたベサニー・ハミルトンの話もあります。

その話が、モチーフになったかも知れませんが‥その話を描いたわけではありません。

オーストラリアでサメに襲われる事件も多発していますが、関係ありません。

 

そうです。

この映画はフィクションであり実話映画ではありません。

いごっそう612
でも、実際に有り得そうな話ですよね。

感想

この映画の監督は「ファイナル・ゲーム」のジャウマ・コレット=セラ監督です。

 

「ロスト・バケーション」は低予算な作りですが、この監督の手腕により、現代版ジョーズといってもおかしくない作品と仕上がっています。

 ↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

サメ VS 美女 ※ネタバレ

ロスト・バケーション

ひと気のないビーチでサーフィンを楽しむ女子医学生がサメに襲われ、重傷を負って岩礁に逃げる!!

サンゴや岩場、サメに噛まれた傷、それを処置する主人公など観てて痛そうなシーン満載です。

序盤から・・主人公ナンシーのエロさ満載のクソビッチぶりにイライラしますが・・好きな人は好きなんじゃないでしょうか?

とにかくナンシーのエロさを楽しめる序盤です。

ロストバケーション

ロスト・バケーション

いごっそう612
目のやり場が…

 

そこから一転、サメに襲われ!海にはサメ!

ロスト・バケーション サメ

逃げた岩礁には満潮が迫るという恐怖のワンシチュエーションです。

ロスト・バケーション

陸はすぐそこ、一見泳いでいけそうな距離なのだが・・海に入るとすぐサメが襲って来ます。

ジョーズでよく出たセブレだけ水面下に出ているシーンもあります。

なかなかの恐怖演出はお見事です。そのサメに負けじと色々と策を練る主人公!

サメ VS 美女 です。

 

それだけで、映画一本持つのか?と思いきやちゃんと他にも被害者も出てきます。

ロスト・バケーション

こいつらです|゚Д゚)))

こんな感じに襲われちゃいます。

ロスト・バケーション

このシーンはマジで驚きますΣ(゚д゚lll)

映画史に残るサメに食われたシーンでしょう!

ところどころこの様な恐怖演出を見せてくれ飽きさせません。

でも・・ちょっと突っ込みどころあり

ロスト・バケーション

いごっそう612
悪くはない映画ですけど、突っ込みどころもありましたね。

 

けっこう突っ込みどころがあったように思う・・

緊急用のブイがすぐそこにある、そこに行きたい主人公・・でもサメが・・くっそー行けん!あれ?でも助けた来た!よっしゃー!海に入ってきた!ヤバイ!ヤバイ!海はいちゃダメだよ!助け呼んで~!あっ・・喰われた・・

(≧∇≦*) キャーーーーー!!

ロスト・バケーション

( ゚Д゚) 何やってんだよ!

泳いでブイまで行けよ!あんな遠くで襲われてんだよ!見てる場合か!今のうちにブイまで行けよ!|゚Д゚)))

と突っ込みたくなりました。

そして、そんなに絶食してから時間経って無いのに、カニ生で食おうとしたり・・色々と無理がある展開もありました。

ロスト・バケーション

腹減りすぎだろう…

 

主人公もだんだん、化粧落ちてオバさん感満載だしね(笑)

ロスト・バケーション

いごっそう612
面白かったけど、ラストのサメの馬鹿さ加減といい・・ツッコミどころも多かったように思います。

まとめ:この映画「ロスト・バケーション」の評価は?

総合的には面白かったと思いますけど、90分という短さに助けられた気もします。もうちょい長かったら多分飽きてた・・監督ナイス(๑>؂<๑)۶

他にもサメ映画をお探しなら「ケージ・ダイブ」もありますよ。

参考ケージ・ダイブ:そんな女はサメに食わせろ!

 

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com(3.5)

Yahoo!JAPAN映画(3.59)

TSUTAYA(3.5)
2018年9月02日時点

おおっ!思ったより高いヽ(・∀・)ノ

元ボクサーの一念発起の評価!

いごっそう612

この映画の評価は

(3.4)です。

 

何というかサメ映画としてはトップクラスですが・・斬新さというか新しさというか・・そういうのが無いっすね。面白いんすけどね、何か先が想像できちゃうんスよね。

だからやっぱ、そこそこという評価になっちゃいますね。

でもサメ映画としては良作!

オススメ・パニック・サメ映画です!

関連記事

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう