SNSフォローボタン

【特捜部Q キジ殺し】北欧ミステリーがマジで面白い!

特捜部Q キジ殺し

デンマークの人気作家ユッシ・エーズラ・オールスンによる世界的ベストセラーミステリー小説を映画化した『特捜部Q』の映画化シリーズ第2弾です。

いそっそう612
どうも、いごっそう612です!北欧ミステリー映画はどうですか?
スポンサーリンク

作品情報

特捜部Q キジ殺し

原題:Fasandaeberne
洋画:ミステリー
製作年:2014年
製作国:デンマーク・ドイツ・スウェーデン合作
日本公開:2016年2月27日
レンタル開始:2016年8月3日(TSUTAYA先行レンタル)
上映時間:119分
公式サイト

あらすじ

特捜部Qの刑事カールのデスクに、なぜか20年前に捜査終了したはずの双子惨殺事件のファイルが置かれていた。何者かの意図を感じたメンバーたちは再捜査に乗り出し、事件当時に重要情報を知る少女キミーが失踪していた事実にたどり着く。すぐにキミーの行方を追いはじめる一同だったが、キミーを探し続けている人物は他にもいた……。

予告動画

感想

ミステリーファンの皆さまお待たせしました!オールスンによるミステリーの傑作小説『特捜部Q』の映画化第2弾ついに登場!TSUTAYA先行レンタルです!

『コインロッカーの女』等と同じく「未体験ゾーンの映画たち 2016」作品です。

【コインロッカーの女】韓国映画好き必見のサスペンスドラマ!
// 「メモリーズ 追憶の剣」のキム・ゴウンと「10人の泥棒たち」のキム・ヘスが主演を務めコインロッカーに捨てられた娘と、彼女を育てた闇金業...

出演者は前作と同じく「真夜中のゆりかご」のニコライ・リー・コス

【真夜中のゆりかご】 刑事が下した決断は正義なのか?悪なのか?
// アカデミー外国語映画賞に輝いたこともある、デンマークの女性監督スサンネ・ビアと脚本家アナス・トーマス・イェンセンのコンビによる、育児放...

「チャイルド44 森に消えた子供たち」のファレス・ファレス

【チャイルド44 森に消えた子供たち】 殺人鬼アンドレイ・チカチーロを題材に描いた作品!
2009年版「このミステリーがすごい!」海外編で1位を獲得したトム・ロブ・スミスのミステリー小説「チャイルド44」を映画化したミステリーサス...

が、前作に引き続き特捜部Qのメンバーを演じています。

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

特捜部Qの今度の事件は・・20年前の殺人事件!?※ネタバレ

特捜部Q キジ殺し

いごっそう612
北欧ミステリー来ましたね!ミステリー映画ファンにはたまらない作品となっています。
「特捜部Q 檻の中の女」 良質!北欧ミステリー  - オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas)
北欧ミステリー再び(  ̄▽ ̄) ユッシ・エーズラ・オールスンの警察小説『特捜部Q...
いごっそう612
いや~なかなかいい映画でした!第1弾よりレベル上がっていますね!

北欧映画独特の雰囲気がたまんないっすね!

麻田くん
どんな映画だったんですか?
no name
未解決事件捜査班・特捜部Qが、死者から受けた20年前の事件の捜査依頼を受け、事件の真犯人を見つけていく感じですね!
麻田くん
20年前の事件ってどんな事件だったんですか?
いごっそう612
1994年の事件で、夏の別荘地で双子の兄弟が無残に殺害される事件です。

初めの捜査では名門寄宿学校の生徒たちの関与が疑われていましたが・・

犯人が自首逮捕され、捜査は終了していたのです。

麻田くん
その事件の再捜査という事ですね~。

相変わらず、ちゃんと観ないと映画について行けなくなる映画だった(笑)

スマホいじりながら観てしまって・・(。´・ω・)?な状況に・・・💦改めて最初から見直して観ました。

2時間ドラマチックな展開だが、前作より面白い!ふむふむなるほど~と観て行ってしまう!なにより雰囲気が良い(*‘∀‘)

映画の雰囲気だけでも楽しめる映画です。

謎解きでは無いが、ハラハラする展開

特捜部Q キジ殺

いごっそう612
今回は謎解きというより、どう犯人を追い詰めるのか?というところに重点を置いています!
麻田くん
映画を観て行くうちに犯人が分かっちゃうんですよね。
いごっそう612
現在の捜査の合間に回想で20年目の様子が映ります。それを観て行くうちにどういう人間関係っだったのか?何故事件が起こったのか?が分かってきます。
麻田くん
ミステリーとしては失敗じゃないっすか?
いごっそう612
うーん、謎解き要素は無いですね。主人公達が20年前の衝撃の真実にいかにして辿り着いていくか?その過程にハラハラさせられる感じです。
麻田くん
どうやって犯人を逮捕するのか?気になりますね!
いごっそう612
 そうです!そういうところで楽しめます。そして、次第に明らかになってくる、若かりし犯人達の悍ましいまでの残虐性!観ていて思わず目をそむけたくなります・・・

今回は謎解きを楽しむという感じではない・・しかし!犯人が分かっていても十分楽しめる作りになっている!

主人公カール・マーク(ニコライ・リー・コス)のどこまでも熱い正義感もたまらない!

彼らが真相にたどり着き悪を追い詰める姿は最高です。

今回はアサドが活躍しない

特捜部Q キジ殺し

いごっそう612
けっこう名コンビみたいな感じで謎を解いていく映画のはずだったんですけど・・今回はアサド(ファレス・ファレス)が全然目立ちません・・
麻田くん
ちょっとそれは残念ですね~💦
いごっそう612
そうです・・ちょっと残念・・主人公カールは目立ってますけどね~。代わりに全ての真相を解くカギとなるキミー(ダニカ・クルチッチ)がめっちゃ目立ちます💦

キミー/ダニカ・クルチッチ

ちょっとコンビの活躍を観たかったので残念・・でもカールやキミーが存在感抜群で目立っています。

そういや特捜部Qに新人が入ったんですけど・・ほぼ関係ありませんでした(笑)

キジ殺しの意味

特捜部Q キジ殺し

この映画の題名がなんで≪キジ殺し≫なのか?気になるところです。

キジ撃ちって金持ちが行うイメージがあります。単なる遊びなんですよね・・ディトリウ・プラム(ピルウ・アスベック)等が学生時代に行っていた犯罪をキジ撃ちに例えて、その犯罪の際に殺人を犯したので撃ちでなくキジ殺しなのです。

この映画の題名にはそういう意味があります。

【まとめ:この映画の評価、おすすめ度は?】

なかなか面白かったです。119分とそこそこ長いですが、飽きずに観ることができます(^^)v

ラストはかなり良かった~自らも燃えちゃうのがね・・罪の意識があるんでしょうね。

TSUTAYA先行レンタルはなかなかチョイスが上手ですね!TSUTAYA先行レンタルでは他にも『ダーク・プレイス』などもあります。

【ダーク・プレイス】殺人クラブからの依頼とは?
// 一家惨殺事件で生き残った少女が見なかったものとは?「ゴーン・ガール」の原作者ギリアン・フリンの小説「冥闇」を、「マッドマックス 怒りの...

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★★☆(3.6)
Yahoo!JAPAN映画:★★★★☆(3.77)
TSUTAYA:★★★☆☆(3.00)
2016年8月08日時点

ほうほう、だいたいそんな感じっすね!


個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度:★★★★☆(3.6)です!

2時間ドラマの枠は超えてないと思いますが、それでも面白かったです。もうちょいラスト盛り上げても良かったかなぁ~と思うけど・・

続編もありそうですね~(*‘∀‘)

小説は6作品あります。順調に2作来たので次は【Pからのメッセージ】でしょうか?

期待したいです!

オススメ北欧ミステリー映画ですからね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする!
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

コメント

  1. ともちん より:

    こんばんは!予告だけでハラハラします( ̄▽ ̄)特捜部とか科学捜査班とか名前の映画はおもしろいですね未成年犯罪とか残酷ですよね・・・真面目。

  2. レビュアン より:

    キジはどういう意味だろう・・・・飛ぶ雉、人の名前、新聞「記事」・・・・ミステリーだ(^^;
    北欧のくらーい感じが、底なし沼のようでいいですね(^^)

    • レビュアンさんへ
      コメントありがとうございます。
      犯罪を犯す子供たちが富豪の子供たちなので、同じ学生を狙ったキジうちに例えているんでしょうか?
      北欧映画の雰囲気は良いですね~(*‘∀‘)

トップへ戻る