人形を息子だと愛する老夫婦・・その人形は生きていた!?

本日ご紹介する映画『ザ・ボーイ 人形少年の館』は、老夫婦が人間として溺愛する奇妙な人形の世話をする事になったヒロインに降りかかる恐怖を描くホラー映画です。

主演は、テレビシリーズ「ウォーキング・デッド」のマギー役で有名のローレン・コーハンです。

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!この映画に騙されました!

作品情報

ザ・ボーイ 人形少年の館

原題:THE BOY
洋画:ホラー
製作年:2015年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年7月17日
レンタル開始:2016年10月5日
上映時間:97分

あらすじ

過去に別れを告げるべく新天地にやってきたグレタ(ローレン・コーハン)は、老夫婦と一緒に生活している8歳の少年の世話係のアルバイトをすることになる。ところが紹介されたのは子供の人形で、夫妻はブラームスと呼んでかわいがっていた。さらに人形の世話には、決して破ってはならない10のルールがあったが、グレタは老夫婦が旅行に出掛けた後、そのルールを無視してしまい……。

予告動画

感想とネタバレ

ちょっと予想を覆らされた作品であります。王道ホラー『死霊館』の“アナベル人形

ザ・ボーイ〜人形少年の館〜

の様な映画かと思って観てたんですけど・・まさかに展開にビックリでした。

 ↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

 

子守の相手は人形!?

ザ・ボーイ ~人形少年の館~

異国イギリスで子守として雇われたアメリカ人のグレタ・・

ザ・ボーイ 人形少年の館

いごっそう612
演じるのはローレン・コーハンですが・・気が強そうですね(^^;

 

そんなローレン・コーハン演じるグレタですが・・お金持ちの老夫婦の家に来てビックリ!子守の相手は・・・

ザ・ボーイ ~人形少年の館~

人形だった~!!

ザ・ボーイ 人形少年の館

いごっそう612
ローレン・コーハンもビックリですね…

 

しかし…人形の子守で雇われた‥考えるとちょっと怖いですね。

普通ならありませんが、老夫婦にとっては人形では無く・・息子なのです!

ザ・ボーイ〜人形少年の館〜

その愛着ぶりが凄い…

いごっそう612
完全に息子として扱っていますね…キモイ

 

高額である事と、自らの事情もあり‥そんなキモイ仕事を引き受けるグレタなのです。

 

初っ端から不気味オーラ全開で掴みはOK!

完全にこの不気味な世界観に引き込まれました。人形がマジでキモイ・・よくこんなキモイ人形作ったなぁ~と感服しました(笑)

 

人形子守の10のルール

ザ・ボーイ 人形少年の館 10のルール

いごっそう612
仕事を引き受けたグレタですが、老夫婦から10のルールの紙を渡されます。

 

そのルールとは?

ザ・ボーイ 人形少年の館 10のルール

絶対に破ってはいけない10のルール
  1. 客人を招いてはならない
  2. 少年の顔を覆ってはいけない
  3. 食事は冷蔵庫で保管せよ
  4. 毎朝7時に起こすこと
  5. 平日は3時間勉強を教えること
  6. 音楽を大音量でかけること
  7. 少年を独りにしてはならない
  8. 庭のネズミ取りを掃除すること
  9. 必ず少年に食事を与えること
  10. お休みのキスをすること

    いごっそう612
    なかなか厳しいルール!?

     

    もちろんグレタさんは・・・

    ザ・ボーイ〜人形少年の館〜

    ( ゚Д゚) そんなの関係ねー!

    とばかりにルールを破りまくりです!

    いごっそう612
    そんな事したら・・とんでもない事に!

    チャッキー

    チャッキー様みたいにブラームスもなるのか?

    そう想像しましたが・・これがなかなか予想外の展開でした。

     

    霊現象を信じる子を亡くした母

    ザ・ボーイ 人形少年の館

    ルールを破るグレタに対して、ブラームスは物を隠したり動いたりと・・

    自分は「生きているんだ」と、アピール全開です!!

    いごっそう612
    さすがのグレタも、ドン引きだろう‥

     

    ところがどっこい!ドン引きどころか・・

    ザ・ボーイ〜人形少年の館〜

    愛情芽生えちゃった!!

    いごっそう612
    マジか!?

     

    えっ‥なんで? と思いましたが、観て行くうちになるほどなと理解できます。

    何とグレタには、DVによりお腹の子を亡くした過去があるのです。

    怖い展開になるどころか、霊を信じる母親という展開に突入!違和感があるけど・・納得はできる・・でも・・・

    全然怖くない展開です(-_-;)

     

    ブラームスの正体は・・※ネタバレ

    ザ・ボーイ〜人形少年の館〜

    全然怖くない展開で進んできた本作・・ラストは急展開です。

    ザ・ボーイ〜人形少年の館〜

    来ちゃったのです‥例のDV夫が来ちゃったのです・・・

    いごっそう612
    見るからに暴れ者という感じでゴツイです。マジで怖いです‥

    ザ・ボーイ〜人形少年の館〜

    私を助けてブラームス・・・

    そう願うグレタ・・

    しかし、ブラームスはDV男に破壊されます!

    このシーンはマジでビックリ衝撃的でした!

     

    だが・・彼女のピンチにブラームスが実体化!?

    ザ・ボーイ〜人形少年の館〜

    実際は実在し生きていたブラームスですが、助けに来たのに‥この扱い

    ザ・ボーイ〜人形少年の館〜

    いごっそう612
    助けに来たのにこの扱い(笑)

     

    壁から現れDV男を殺し、グレタを救ったはずだけど・・・グレタからめっちゃ嫌われたブラームス・・・その正体は?

    ※ラストネタバレ

    ブラームスは

    ザ・ボーイ〜人形少年の館〜

    この絵の様な少年時代、好きになった女の子を撲殺!警察に捜査が入る予定だったんですが‥屋敷が大火事に!

    それにより、ブラームスは死んだとされていました。

    しかし、ブラームスは生きていたのです。

    老夫婦は殺人鬼と化したブラームスを隠し部屋に隠し育てていたのです。

    屋敷の火事により、顏に火傷をおったブラームスは‥

    ザ・ボーイ ~人形少年の館~

    こんなマスクをかぶり変態チックに暮らしています。

    もうね、かつての面影何も無し‥胸毛が半端ないっす!

    その胸毛に驚愕すること間違いなしです。

    老夫婦はそんな生活に疲れ果て、入水自殺します。

    完全にタガが外れたイカレポンチなブラームスですが、少し可哀そうです。

    グレタに恋心を抱き、グレタを救うために隠れていた部屋から出てきたのに

    グレタからは完全に異常者扱いされてしまうからです。

    ザ・ボーイ〜人形少年の館〜

    怒って、こんなになっちゃうのも分かります。

    グレタは屋敷から逃げて行ってしまうのですが、ブラームスは1人屋敷に閉じこもり‥

    DV男に壊された人形を修復するのです。

    いごっそう612
    予想外のラストに度肝を抜かされました。

     

    まとめ:この映画の評価、おすすめ度は?

    なかなか想像を超えたホラーだったので、楽しめました!

    ホラー好きは楽しめるはず!

    ホラー好きは『ホラー映画ランキング』もよろしくお願いします。

     

    各映画サイトの評価はこんな感じ

    映画.com(2.7)

    Yahoo!JAPAN映画(3.32)

    フィルマークス(3.2)

    2018年09月20日時点

    あらら、思ったより普通の評価…💧

    でも、僕はこう思います。

    いごっそう612

    この映画の評価は

    (3.8)です。

     

    自分はかなり楽しめましたんですけどね~。世間一般は普通みたい(笑)

    映画をめっちゃ観すぎると、観ててだいたい予想ついちゃうから、予想外の映画が面白く感じるんですよね~。

    そうそう「マジカル・ガール」なんかも予想外で面白かったですよ。

    いごっそう612
    予想外の映画は良いですね。

     

    『ザ・ボーイ ~人形少年の館~』も予想外の映画です。

    ホラー映画ファンも観やすい、恐怖弱めのオススメ・ホラー映画です!

    こちらも読まれています。

    このクソ記事を
    いいね!してやる。

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう