招待されたのは10人…何か変‥不穏なパーティーが始まる‥

本日ご紹介する映画は「インビテーション」

元妻に呼ばれてノコノコとディナーに出席した男の運命を、巧妙な伏線と予想を裏切る展開で描き、シッチェス・カタロニア国際映画祭でグランプリに輝いたシチュエーションスリラーです

いごっそう612
ラストがなかなか凄い映画なんですよ~。

作品情報

インビテーション 映画

原題:THE INVITATION
洋画:スリラー
製作年:2015年
製作国:アメリカ
日本公開:2017年1月28日
レンタル開始日:2017年4月5日
上映時間:100分

あらすじ

ある事故により、妻のイーデンと共に心に深い傷を追った揚げ句に離婚したウィル。それから2年後、消息が不明だったイーデンからディナーに招かれる。以前恋人のキーラと暮らしていた屋敷に向かったウィルは、明るさを取り戻した彼女の姿に安堵を覚える。しかし、集まった友人とイーデンのぎこちない会話や、彼女の恋人だというデヴィッドの怪しい行動に不安を抱き……。

予告動画

感想とネタバレ

第48回シッチェス国際映画祭で最優秀長編映画賞に輝き、各国の映画祭で賞を取ったスリラーというふれこみのこの映画・・・

そんなにすごいのかΣ(゚Д゚)

と思うんですけど‥

いごっそう612
シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2015・・って凄い映画祭なんですかね?

 

そんな事は全くわからない!

でもまあ‥この映画観てすげえと思ったら凄い賞なんだろう‥という事で観賞!

 

ちなみに映画ブログ仲間の元バンドマンの映画好きsix nejiさんに先を越された作品でもあります。

http://negotozaregoto.blog.jp/archives/15957187.html

six nejiさんとは新作レンタルの記事先獲り合戦です。

 

 ↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

 

元妻に誘われたパーティー※ネタバレ

インビテーション

2年前に別れた元妻にパーティに誘われ、ノコノコ出て行った男を襲う恐怖を描いた作品です。

いごっそう612
しかし…元妻とまた会うなんて嫌じゃないっすかね?

 

まあ、別れ方にもよるのでしょうが‥違和感感じます。

元妻も再婚しており自分も現在の恋人を伴っての訪問、昔ながらの友人もいれば再婚相手の友達もいる…

いごっそう612
こんな状況‥めっちゃ気を使うわ💦

 

そんな気疲れしそうなパーティー、しかし!もっと気をつかう展開に…

再婚相手の旦那が皆に見せだしたDVDは宗教勧誘の映像・・・ちょっとみんなドン引き・・

宗教勧誘

いごっそう612
久しぶりに会った友人に誘われ、飲み会開いたら宗教勧誘された事思い出したわ‥

 

ここで、映画の題名『インビテーション』意味“招待”の方じゃなくて“勧誘”だったのねと理解しました。

勧誘か…なんだか嫌な予感…

このパーティーは何かおかしい・・

インビテーション

こっから急展開になるのか?と思うもスローペース‥

映画もイマイチ先が読めません。

 

パーティー主催者側が何か企んでいるのか?主人公がちょっと変なのか?

どちらかハッキリ分からない様な演出、不気味な雰囲気が映画全般に流れていて、何だか胸騒ぎがします。

このパーティーは何かがおかしい…

 

この不気味な演出、先が読めな展開は上手い!

これは期待通りだ‥そう思ったのもつかの間。

 

この映画…

Σ(゚Д゚) めちゃくちゃ長え~

 

面白みが無い展開がダラダラと続きます。

その中で少しずつ、ラストに向けて仕込んでいる物もあるんですけどね~ちょっと長い!

ラストシーンは見事※ラストネタバレ

インビテーション

映画も完全に終盤を迎えた時に急展開が訪れます!

いごっそう612
なんだよ・・これがこの映画のネタかよ~。

とちょっとガッカリ…

 

子供を亡くした元妻が病んでカルト宗教にハマり、教祖の指示で集団自殺をしようとした。

ということでした。

 

いごっそう612
カルト宗教の行きつく先‥

 

酒に薬を入れ集団自殺を図るも、気がついた主人公に食い止められ、仲間と共に殺しだす

主に殺すのは再婚相手の旦那とその友達たちです。

オチとしては悪く無いんですけど、ここまでたどり着くのが長いんですよね。

 

せっかく脱出不可能の屋敷、銃とナイフを持ったカルト教団員という、美味しい題材があったのに、その美味しい時間がこの上なく短い…

 

ここまで存分に貯めたので、ハードルめっちゃ上がっていたのに‥肩透かしを食らった感じです。

 

でも・・ラストに見せる風景でこの映画の評価は変わります!

インビテーション

映画の中で、再婚相手の旦那がともしていた赤い光‥サイレンが鳴る街中でその光が至る所で灯っているのです。

要するに、街中で集団自殺事件が起こっているのです。

いごっそう612
このラストは良かったよね~。

 

ツッコミどころもありますが、このラストは評価するべきと思います。

ちょっと、おおっΣ(゚Д゚)と驚かされました。

この映画の評価、おすすめ度は?

ラストの映像は印象に残りましたが、全般的に言えば物足りない映画でした。良いもんもってるのに惜しいよね~という感じ。

いごっそう612
おすすめ度

(3.3)です!

 

もうちょっと面白く作れたように思います。色々と惜しい・・もう一歩欲しかったです。シッチェス・カタロニア国際映画祭はちょっとマニアな映画祭なんですかね?

ラストに驚くマニアな映画というイメージです。

 

この作品の様に宗教+集団自殺という題材の映画は、実話ベースの『サクラメント 死の楽園』とかもあります。

いごっそう612
お暇があればこっちもぜひ!
こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう