すべての終わり

Netflixオリジナル映画の世紀末映画です!

 

今回ご紹介する映画『すべての終わり』は、原因不明の大異変が発生し世紀末状態となったアメリカを舞台に、行方不明になった妊娠中の婚約者を捜すため、若き弁護士が危険を承知で、未来の義父とともに西海岸へ向かうという世紀末スリラー映画です。

2018年7月13日配信になったNetflixオリジナル映画作品となっています。

 

という事で本日は、映画すべての終わりをネタバレを含めて紹介します。

 

いごっそう612
感想とネタバレ行っちゃいましょう!

すべての終わり:作品情報

すべての終わり

すべての終わり:IMDより画像引用

原題: THE WITCH
洋画:スリラー
製作年:2018年
製作国: カナダ・アメリカ合作
Netflix公開日:2018年7月13日
上映時間:113分
すべての終わり | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

すべての終わり:あらすじ

なぞに異変が次々と発生し国中が混乱する中、音信不通となった妊娠中の恋人(カット・グレアム)を探すため、ウィル(テオ・ジェームズ)は恋人の父親(フォレスト・ウィテカー)と共に、立ち入り禁止となった区域を抜けて西海岸へ向かう。

すべての終わり:予告動画

すべての終わり:感想とネタバレ

Netflixと言えば、オリジナルにやはり注目したい。

CHECK⇒Netflixオリジナル映画

 

その映画を観たければ、加入するしかない!

その為、質の高い映画配給が求められますね。

この映画も、そのNetflixオリジナル映画であります。

 

 これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

フォレスト・ウィテカーの世紀末ロードムービー※ネタバレ

すべての終わり

すべての終わり

さほど、面白い映画では無かったんですけど‥それでも観る価値はある映画です。

僕はけっこう好きな映画でした。

何て言ってもキャストがけっこう好きなんですよ!

 

メインキャストは、テオ・ジェームズに、フォレスト・ウィテカー、カット・グレアムという豪華メンバーなんです。

 

すべての終わり

すべての終わり

テオ・ジェームズは、『ダイバージェント』シリーズでお馴染みですよね。

 

フォレスト・ウィテカーは、脇役ですけど色々な映画に出ています。

 

カット・グレアムは、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のイメージしかないなあ‥映画で観るのは初めてかも?

すべての終わり

すべての終わり

3人とも、けっこう好きな俳優陣だったのでテンション上がりましたね。

 

さて、肝心の内容はいうと‥ちょっと惜しいという感じでしょうかね。

ある日、西海岸で謎の大災害‥その西海岸には恋人がぁ~!

ってことで!

主人公と恋人の父ちゃんが、恋人の元へ向かう!って感じの

世紀末ロードムービーみたいな感じです。

 

雰囲気はめっちゃ好きです!

こういう世紀末ネタがめっちゃ好き!

ただ、ストーリーに新しさが無いんです!

 

西海岸はウォーキング・デッド状態!

食糧やガソリン奪い合い、銃ぶっ放したりの強盗も横行しています。

いごっそう612
わずか数日でそこまでの状態になるのか?

 

海外だからでしょうか?火事場ドロボーならわかるけど、そこまでの状態になるものなのか?

でも、こういう展開は色々な映画で観たことありますよね。

 

世紀末ものにありがちな展開だと言えます。

観てて、何となく展開が読めちゃうから‥

そんなにドキドキワクワクしなかったですね。

淡々と観る感じです。

 

でもね、父親であるフォレスト・ウィテカーの演技がめっちゃ良いです!

すべての終わり

すべての終わり

恋人の親がフォレスト・ウィテカーって…

いごっそう612
めっちゃ怖え!

 

しかも、ちょっと嫌われてたりして…💧

その時点でこの映画けっこう面白かったです。

 

フォレスト・ウィテカーの迫真の演技で、映画は盛り上がりましたね。

正直彼が出て無かったらヤバかったろうなあ‥

映画のラストシーンは大盛り上がり※ネタバレ

すべての終わり

すべての終わり

上記の画像から観ても分かるように、この映画けっこう金かかってます!

 

こういう世紀末チックな映像が好きな方は多いでしょう。

僕も、こういう映像観るとワクワクしてきます。

 

※こっから映画終盤のネタバレ書いていますので、観賞予定の方は注意してください。

 

 

 

 

映画の終盤に、ちょっと狂った隣人とかも出てくるんスよね。

こういう映画には、大事な設定!

よっしゃ!変態ぶり見せてくれよ!と期待したのですが‥💧

結局時間の都合か、中途半端なキャラになっちゃっいました、

もっと掘り下げて欲しかったですね。

 

色々ガッカリな後半だったけど、ラストに壮大なシーンを見せてくれます!

それは…

謎の大爆発!!

 

山全体を覆う様な黒煙と炎!!

それが迫ってくる中を車で逃げるシーンは、見ごたえ抜群です!

そんなヤバい中、死を覚悟したのか?

キスしまくる二人にちょっとツッコミたくもなりましたが(笑)

 

火山の大爆発なんでしょうかね?

ハッキリとした答えは見せてくれないんスけど、原因は自然災害という事なんですね。

 

こういう系の映画では、崩壊した原因を明かさない事が多いんですけど‥

この映画はラストにしっかりと見せてくれました。

ラストシーンの映像は凄かったです!

 

しかし…こんな映像作れるなら…

いごっそう612
もっと面白くなったよなあ…

 

この映画の監督:デヴィッド・M・ローゼンタール、脚本:ブルックス・マクラーレン…

要注意だなあ…

すべての終わり:評価は?

惜しい映画という様な、イメージを持った映画でしたね。

各映画サイトの評価はどうなっているのでしょう?ちょっと調べてみました。

各映画サイトの評価はこんな感じ

Filmarks(2.6)
2018年7月15日時点

海外の評価はこんな感じ

Rotten Tomatoes

観客(1.8)
(Rotten Tomatoesでは批評家10段階評価なので5段階評価に修正しています)

IMDb

(2.6)
(IMDbでは10段階評価なので5段階評価に修正しています)

けっこう低評価ですね💧

元ボクサーの一念発起の評価!

いごっそう612

この映画の評価は

(3.4)です。

 

けっこう好きなジャンルの映画だし、俳優陣も好きなんで、僕はそこそこ楽しめました。

でも、上記の低評価にも納得できます。

 

Netflixオリジナル映画は本当に惜しいの多いですね(笑)

CHECK⇒Netflixオリジナル映画

 

そろそろ、大当たりをお願い致します。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう