(C)2019 MARVEL

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

今年いよいよ「アベンジャーズ/エンドゲーム」が公開になります!めっちゃ待ち遠しいですよね。

そのシリーズ最終章でキーマンとなるのは…“キャプテン・マーベル”という女性ヒーローです。

 

という事で「アベンジャーズ/エンドゲーム」が公開になる前に、絶対観ておかねばならない作品
キャプテン・マーベルを公開初日に観てきました!

 

この作品は、MCUでは始めて女性ヒーローが単独で主役となった作品で、アベンジャーズ結成以前の1990年代を舞台に、女性ヒーロー“キャプテン・マーベル”の誕生秘話と、アベンジャーズのニック・フューリーの過去を描いたSF・アクション映画です。

キャスト

キャストもなかなか豪華!

 

まず主演のキャプテン・マーベルを演じるのは、「ルーム」でアカデミー主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンです。

キャプテン・マーベル

(C)2019 MARVEL

 

そしてご存じニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソン。

若き日のフューリーです。ちなみに若き日のコールソンもいますよ。

キャプテン・マーベル サミュエル・L・ジャクソン

(C)2019 MARVEL

 

そして、今回のヴィランとも言えるクリー帝国の精鋭部隊スター・フォースの司令官役、ジュード・ロウ。

キャプテン・マーベル スター・フォースの司令官

(C)2019 MARVEL

他のキャスト
クラーク・グレッグ、リー・ペイス、ジェンマ・チャン、アネット・ベニング、ベン・メンデルソーン、マッケンナ・グレイス、コリン・フォード、ジャイモン・フンスー、ロバート・カジンスキー、ヴィク・サハイ、ケネス・ミッチェル等です。

監督、脚本は、マーベル作品で初の女性監督となるアンナ・ボーデンと、過去にもボーデンとコンビを組んだことがあるライアン・フレックのコンビです。

あらすじ

クリー帝国の精鋭部隊スター・フォースの一員キャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)は、スクラルとの戦いの最中、1995年の地球のロサンゼルスのビデオショップに落ちてしまう。彼女は驚異的な力を持っていたが、身に覚えのない記憶のフラッシュバックに悩まされていた。その過去に隠された“秘密”を狙い、自在に姿を変える正体不明の敵スクラルが彼女を狙う。キャプテン・マーベルは、“アベンジャーズ”を結成するニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)とともに、自らの記憶をめぐる戦いに立ち向かう。彼女の記憶に隠された秘密が蘇るとき、衝撃の真実が明らかになる。

感想とネタバレ

文句なしに面白いですね!

そして最強過ぎる…

「キャプテン・マーベル」は、DC系のスーパーマンとワンダーウーマンを足した感じの、マーベルヒーローと言った感じです。

 

マーベル作品と言えば、数多く出ていて‥

いごっそう612
今更、女性ヒーロー物みてもなあ…

 

と全く期待していませんでした。

 

この映画は多分、まあまあくらいだろう‥でも、来るべき『アベンジャーズ/エンドゲーム』の為に観ておくか‥

僕と同じで、そう思った人も多いはず

 

しかし、予想外に面白かった映画です。

もちろん「アベンジャーズ」には敵いませんが、 124分とそこそこ長尺なのに全く飽きることはありませんでした。

 

映画冒頭は、全く説明なしに進みます。

その様相は、宇宙のネイビーシールズという感じ。

キャプテン・マーベルは、クリー帝国の精鋭部隊スター・フォースの一員として、変身能力を持ち、別人に姿を変えることができる異星人スクラムを相手に、宇宙で戦うのです。

 

ヒーロー物というより、戦争映画?

確かに、後々考えればクリーとスクラルの戦争なのですから、戦争映画の側面があってもおかしくないですね。しかし。今までにないオープニングはちょっとワクワクしました。

 

そして、その戦いの最中に地球に落ち、そこでもスクラム人を相手に戦います。

View this post on Instagram

 

Higher. Further. Faster. Watch the trailer for Marvel Studios’ #CaptainMarvel, in theaters March 8, 2019.

Marvel Studios’ Captain Marvelさん(@captainmarvelofficial)がシェアした投稿 –

特筆すべきは電車でのバトル!

いごっそう612
おばあちゃんを殴りつけるキャプテン・マーベルには笑いました。

 

そして物語は、「キャプテン・マーベル」の誕生秘話、ニック・フェーリーが何故片目になったのか?アベンジャーズ結成秘話を描き、『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』の後に続きます。

 

そして、「アベンジャーズ/エンドゲーム」に繋がるわけですね。

 

もちろん、エンドロールにおまけがあります。

 

わざわざ映画冒頭で、おまけがある事を書いてくれているのに、席を立って帰った人がいました💧

いごっそう612
なんでだろう?

 

そうそう、とにかく“キャプテン・マーベル”強いです!

アベンジャーズのメンバーでも、間違いなく最強の存在でしょうね。

 

キャプテン・マーベル

(C)2019 MARVEL

大気圏から地球に落ちても傷1つ追わず、1人で宇宙にも飛んでいける、しかも戦闘機並みに飛べる、そして戦艦を1人でぶっ壊す強さ…。

 

View this post on Instagram

 

The universe will know her name. Marvel Studios’ #CaptainMarvel is in theaters March 8. Get tickets now: [link in bio]

Marvel Studios’ Captain Marvelさん(@captainmarvelofficial)がシェアした投稿 –


この強さがあれば、「アベンジャーズ/エンドゲーム」でサノスに勝てそう…

続編が楽しみになりましたね。

 

いごっそう612
「キャプテン・マーベル」満足できる作品だと思いますよ。
オススメ度は

(3.8)です。

スタン・リー追悼

映画冒頭にスタン・リーのマーベル映像が流れます。

 

スタン・リーは、1960年代にマーベル・コミックで『スパイダーマン』、『X-メン』などのスーパーヒーローコミックの原作を手がけ、業界に変革をもたらした漫画原作者で、マーベル・コミックの編集委員、マーベル・メディアの名誉会長を務め、マーベル・コミックの実写映画版の製作総指揮などを務めていた方です。

2018年11月12日朝(米西海岸時間)、米カリフォルニア州ロサンゼルスのシダーズ・サイナイ医療センターに急送され、肺炎により95歳で息を引きとりました。

 

マーベルから追悼の意を込めて、オープニングに流れたのでしょうね。

ちなみに、映画にもカメオ出演しています。

スタン・リー追悼映画ですね。

予告編

いごっそう612
観に行くか迷っている方は、予告編を観てみて~。

 

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう